Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国経済と米国金利への懸念のなか、アジア株は9カ月ぶり安値を記録

中国経済と米国金利への懸念のなか、アジア株は9カ月ぶり安値を記録

2023年4月18日、東京の証券会社の外で電力株の値札を見つめる通行人たち。ロイター/加藤一成 ライセンス権の取得

シンガポール(ロイター) – 中国の景気回復の鈍化と米連邦準備理事会(FRB)の利上げ継続への懸念から、木曜日のアジア株は9カ月ぶり安値に下落し、ドルは2カ月ぶり高値を付けた。

MSCIの日本国外のアジア太平洋株の最も幅広い指数(.MIAPJ0000PUS)は495.03に下落し、11月29日以来の安値となった。 前回は1.14%安の497.11で、8月の同指数は8%下落し、それ以来最悪の月次パフォーマンスに向かっていた。 9月。

木曜日はアジア太平洋地域全体で下落が広がり、日本の日経平均株価(.N225)とオーストラリアのS&P/ASX 200指数(.AXJO)は1%下落した。

中国のCSI300指数(.CSI300)は0.45%下落、香港のハンセン指数(.HSI)は1.7%下落し、9カ月ぶり安値付近となった。

一連の経済指標でパンデミック後の景気回復の停滞が明らかになる中、中国株は低迷しており、投資家は今のところ政策当局者の動きに感銘を受けていない。

NABのエコノミスト、テイラー・ニュージェント氏は「経済活動が低迷する中、政策当局者によるより強力な支援を求めていた投資家は、最近の追加措置が信頼回復に十分ではなかったことに失望している」と述べた。

世界第 2 位の経済大国にとって、さらに憂慮すべき状況に加わっているのが、不動産危機の悪化です。 中国の大手信託会社による投資商品の未払いと住宅価格の下落が、さらに暗さを増した。

米連邦準備制度理事会(FRB)の7月会合の議事録で追加利上げの必要性について当局者の間で意見が分かれていることが示されたことを受け、昨晩のウォール街は下落して終了した。

「ほとんどの」政策立案者がインフレ対策を優先し続けているにもかかわらず、「一部の回答者」は金利を過度に押し上げることによる経済へのリスクを挙げた。

米国中央銀行は6月に金利を一時停止した後、7月の会合で金利を25ベーシスポイント引き上げた。 FRBのパウエル議長は当時、インフレ率が米中銀の目標である2%に「確実に」戻るためには、依然として経済が減速し、労働市場が弱まる必要があると述べた。

INGのエコノミストらはメモの中で、ホークスを含む当局者のコメントは、9月には再び休止する用意があるが、12月以降の11月会合ではさらなる上昇に向けて扉は開いておくつもりであることを示していると述べた。

両氏は「FRBは確かに9月金利を据え置くと考えているが、最終見通しを引き続き引き上げるとは考えていない」と述べ、追加利上げは景気後退(リセッション)の可能性を高める可能性があると指摘した。

CMEフェドウォッチツールによると、市場は来月のFRBの決定を待つ確率が86%、11月会合で前進する確率は36%と織り込んでいる。

指標となる10年債利回りは4.288%と、10月21日以来の高水準となり、16年ぶりの最高値となる4.338%も目前に迫っている。

投資家が安全を求めるなか、競合6社に対する米ドルの動きを示すドル指数は103.58という2カ月ぶりの高値を付け、利回りの上昇でドルが上昇した。

トレーダーらは日本当局者による介入的な発言の可能性を引き続き警戒しており、日本円は0.07%下落し1ドル=146.42円と9カ月ぶり安値を付けた。 鈴木俊一財務相は火曜日、当局は絶対的な通貨水準を介入の対象としていないと述べた。

中国と米国金利の行方に関する懸念も商品市場に動揺を与え、原油価格は4期連続で下落した。 この日、米国産原油は0.34%下落して1バレル=79.11ドル、ブレント原油は0.26%安の83.23ドルとなった。

アンクル・バナジーによるレポート。 ムラリクマール・アナンタラマン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  日本の大流行の中で音楽祭を開催するには、「自律性」と「責任」が必要