Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

今後12か月間不況に陥る米国、英国、ヨーロッパ、日本:野村

第三世代の農産物売り手であるトーマス・ガロミリスは、2022年5月20日にワシントンDCでインフレ率の上昇に苦しんでいるアメリカで、イースタンマーケットでタマネギの重さを量っています。

ブレンダン・スミアロフスキー| AFP | 良い写真

証券会社の野村ホールディングスのチーフエコノミストによると、中央銀行がインフレの上昇に対抗するために積極的に金融引き締めを行うため、世界の主要経済国の多くは今後12か月以内に景気後退に陥る可能性があります。

「現在、多くの中央銀行は、基本的に1つの任務に切り替えています。これは、インフレを減らすためです。金融政策は、信頼を失うことのない貴重な資産です。したがって、中央銀行は非常に積極的になるでしょう」と、世界市場調査、元日本アジアは火曜日にCNBCの「ストリート」に語った。サイエンスアジアに語った。

「これは、前倒しの利上げを意味する。私たちは何ヶ月も景気後退のリスクを指摘しており、弾丸を噛んだ。現在、多くの先進国は実際に景気後退に陥っている」と彼は付け加えた。

証券会社は、米国を除いて、来年のユーロ圏、英国、日本、韓国、オーストラリア、カナダでの減速を見込んでいると、リサーチノートで述べた。

私が指摘するもう一つのことは、多くの経済が弱体化しているとき、成長のために輸出に頼ることができないということです。 これが、この不況リスクが非常に現実的であり、起こりそうだと私たちが考えるもう1つの理由です。

ロブ・サブラマン

野村チーフエコノミスト

スバラマン氏によると、世界中の中央銀行は、インフレが一時的なものになることを期待して、「超緩い金融政策」を長い間維持してきた。 今、政府はインフレの話に追いつき、コントロールを取り戻そうとする必要がある、と彼はC​​NBCに語った。

「多くの経済が衰退しているとき、成長を促進するために輸出に頼ることはできないことを指摘している。それが、この不況リスクが非常に現実的であり、起こると私たちが考えるもう一つの理由だ」とサブパラマンは述べた。

米国の景気後退:浅いが長い

米国では、野村は2022年の最終四半期から5四半期にわたって、浅いが長期にわたる景気後退を予測しています。

「米国は不況に陥るだろう。そのため、今年の第4四半期から四半期ごとのGDP成長率はマイナスに転じる。浅い不況だが、長い不況になるだろう。5四半期連続で続く」とサブパラマン氏は語った。 。

中規模経済が直面するリスク

リサーチノートの中で、野村は、オーストラリア、カナダ、韓国など、債務を燃料とする住宅ブームを抱えているいくつかの中規模経済を強調しました。 金利の引き上げが住宅の破綻とデフレを引き起こした場合、予想よりも深刻な景気後退にさらされる可能性があると報告書は述べています。

北京がゼロコロナ戦略に固執している限り、緊縮政策の中で経済が開放されたときの景気後退からの回復は、新たな封鎖と別の景気後退のリスクがあるにもかかわらず、奇妙だ」と述べた。

「中央銀行が今インフレを減らすために金融政策を引き締めなければ、経済が超インフレ体制に移行するのは苦痛だろう」とサブパラマンは警告した。

それは、「経済にとって、そして長期的には路上での男女にとってさらに苦痛となる」賃金価格スパイラルにつながる可能性があると彼は付け加えた。

「1970年代に学んだように、インフレを抑制させるよりも、世界経済と社会がその痛みを追いかけ、インフレを減らす方が良いと言えます。」

READ  日本はナンシー諸島の安全を向上させるためにF-35B戦闘機を派遣する予定です