Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

偽王チャールズの死の物語はロシアのメディアによって報道されました。 チャールズ 3 世国王

偽王チャールズの死の物語はロシアのメディアによって報道されました。 チャールズ 3 世国王

このニュースは月曜日の午後にロシアのメディアに掲載された。 チャールズ3世が死去。 そうではありませんでしたが、誰も詳細を確認する時間がありませんでした。 最後に、王室の物語には、バイラルなロシアの偽情報という新たな展開が加えられています。

この噂は、かつてロシアで最も尊敬されていた経済新聞であるヴェドモスチが使用していたテレグラムチャンネルで共有されたことで広まった。 そこには儀式用の軍服を着たチャールズの写真と、「英国王チャールズ3世が死去した」という短いキャプションが掲載されていた。 これは、235万人以上の加入者を抱えるテレグラム上の親クレムリンチャンネルであるレドフカを含む、ロシアのインターネットチャンネルを通じて行われた。

BBCの発表やバッキンガム宮殿からの公式声明はなかった。 しかし、レドフカさんは出所不明の文書を持っており、それを国王の写真の隣に掲示した。 彼女はさらに、「以下の発表はロイヤル・コミュニケーションズを通じて発表された。」と付け加えた。 「昨日の午後、国王が突然亡くなりました。」 その日付は 2024 年 3 月 18 日でした。それだけです。

このファイルの出所は不明で、「女王は本日午後、バルモラルで安らかに息を引き取りました」という故女王の死を知らせる宮殿の発表を忠実にモデルとしている。 流通した別のバージョンは、チャールズの後継者が「キング・ポープ、イエロー・エージェント」と名付けられたことを認めた退位書簡だった。

このニュースはこの時点でウクライナに伝わり、大手テレビ局によって再放送された。 彼女はタジキスタンにも旅行し、同国最大の独立系メディアであるアジア・プラスが報じた。

しかしこの時点で、これは真実ではないのではないかという懸念が高まっていました。 ロシアのウェブサイトGazeta.Ruは当初、「イギリス国王チャールズ3世が死去した。 バッキンガム宮殿が報じた。 国王は75歳でした。 彼は最近癌と診断された」としたが、後に編集されて「同時に、イギリスの公式メディアではこのことについて何も書かれていない。おそらくその情報はフェイクである可能性が高い」と付け加えた。同氏は、「それが本当かどうかは分からない」と述べ、その後、バッキンガム宮殿のウェブサイトが「ハッキングされた」可能性があると示唆した。

その時までにミームはすでに始まっていました。 親クレムリンのチャンネルは、ウェールズ王女の最近の写真にフォトショップ加工されたチャールズ国王の頭の写真を公開したが、この画像は多くの報道機関によって拒否された。 同チャンネルは「写真の真実:バッキンガム宮殿はチャールズ3世の死の噂を否定するために、チャールズ3世の新しい写真を配布した」と書いた。 ロシア外務省報道官はこの投稿を共有し、「ロンドンは哀れに見える」と書いた。

最後に、ロシア国営通信社タス通信から「カール3世国王は引き続き公務を遂行し、私的な行事にも出席する」という速報が伝えられた。

READ  社説 | オスカーが再び日本の芸術にスポットライトを当てる