Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円が介入レンジに入っても日本の政策当局者は堅持:分析

円が介入レンジに入っても日本の政策当局者は堅持:分析

東京:ここ数日間、日本の政策担当者が文句を言うこともなく円が1ドル=145円まで下落したことで、通貨安の恩恵を受けている今、日本は昨年ほど迅速に介入を求めないのではないかという疑惑が高まっている。

輸出の増加により第2・四半期の経済成長率は前年同期比6%に達し、世界的な原油価格の下落により輸入代金の抑制に寄与した。

しかし、円安の最大の要因である米国との利回り格差の拡大には変わりはない。 日銀は超金融緩和政策から少しずつ距離を置きつつあり、米金利がピークに達したのではないかとの期待が高まっているが、今のところ債券市場には円を売る理由はほとんどない。

しかし、円が昨年9月と10月に日本当局による積極的なドル売りを引き起こしたのと同じ領域に入ったため、為替トレーダーらは依然として介入を引き起こすことを懸念している。

鈴木俊一財務大臣は火曜日(8月15日)、アジア貿易で円が9カ月半ぶり安値の145.60円をつけた中、為替レートの変動を引き起こさないよう注意を喚起した。

鈴木氏は、迅速な行動は「望ましくない」とし、政府は「適切に対応する用意がある」と警告する一方、特定のレベルの介入は標的にしないと強調した。

6月に144円を超えて円安が進んだ際、当局者らの発言はさらに強まり、市場参加者は最近の円安に対する政府の反応が弱いことを、投機筋が行き過ぎない限り日本政府がさらなる円安を容認する兆候だと解釈した。 速い。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのシニア・ポートフォリオ・マネジャー、アーロン・ハード氏は「現在、経済にとって145─150水準に伴う痛みは軽減されているため、昨年ほど堅調にはならないと思う」と述べた。 ボストンで。

同氏は、ドル円相場の上昇傾向が緩やかであれば「150円程度かそれを少し上回るまで」介入の可能性は低いとの見方を示した。

トレーダーらは今のところ、対ドル売りがすぐに勢いを増す可能性があると認識し、対英ポンドやスイスフランに対して円を空売りすることで現状を試している。

READ  就任から半年後、岸田文雄の景気回復は逆風に直面している