Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円安で日本からの輸入が増加し、インフレ懸念が高まる

  • 円安で輸入請求額が膨らみ、家族に負担がかかる
  • 9 月の輸入の伸びは 45.9% で、輸出の 28.9% の伸びを上回りました
  • 貿易赤字が所得流出を引き起こした
  • 2022年度上半期の貿易赤字は半年ぶりの記録
  • 日本は来年不況に陥る可能性がある – アナリスト

東京(ロイター) – 円安がすでに高い燃料輸入コストを悪化させ、コストプッシュインフレの懸念を高めたため、9月の日本の輸入は5か月連続で40%以上増加し、過去最大の値に達しました。

輸入の増加が輸出の伸びを覆い隠し、貿易赤字が 2 兆円 (133 億ドル) に達し、不足期間が 14 か月に延長され、日本の通貨に対する下押し圧力が増しました。

財務省のデータによると、会計年度上半期から 9 月末までの日本の貿易赤字は、過去最高の 11 兆円に跳ね上がりました。これは、燃料費の上昇と、この期間のドルに対する円の 20% の下落が原因です。 . .

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

持続的な赤字は日本の交易条件を悪化させ、国内所得の海外移転を引き起こし、日本の購買力を弱体化させます。

かつて輸出の競争力を高めることで歓迎された円安は、輸入燃料や食品の価格を押し上げ、家計や小売業者に打撃を与えます。 通貨の急激な下落も、企業がビジネス上の意思決定を行う際の不確実性を高めています。

農林中央金庫のチーフエコノミスト、南剛氏は「輸入の増加は決して内需の強さを反映しているわけではない。むしろ、生活費の上昇が家計を圧迫するだろう」と述べた。

「円安は輸出額を押し上げるかもしれないが、外需は減速している。世界的な引き締めサイクルが一巡する来年、日本が欧州や米国に続いて景気後退に陥っても、私は驚かないだろう」

財務省のデータによると、9 月の日本の輸入は、原油、液化天然ガス、石炭を筆頭に前年比で 45.9% 増加し、エコノミストの平均推定値とほぼ一致した。

ロイターのグラフィック

1979年にさかのぼる財務省のデータによると、これは20か月連続の増加であり、輸入は11兆円に達し、過去最大の値に達しました。輸入は前月に49.9%増加しました。

9月の輸出は、米国向けの自動車の出荷と韓国からのチップおよび電子部品の需要に牽引されて、前年同月と比較して28.9%増加しました。 エコノミストが予想していた27.1%の増加と比較して、その増加は、輸出額を史上最大にしました。

地域別に見ると、日本の最大の貿易相手国である中国への輸出は、自動車や半導体製造装置の需要に牽引されて、9 月に前年比で 17.1% 増加しました。

米国向けの出荷は、9 月までの 1 年間で 45.2% 増加し、自動車、建設および鉱山機械の出荷に牽引されました。

日本経済は、4 月から 6 月にかけて年率 3.5% で拡大し、3 四半期連続で成長を記録しました。これは、COVID-19 による制限の解除が個人消費と企業支出を押し上げたためです。

日本の当局は先月、1998年以来初めてドル売り円買い介入に2.8兆円を費やし、日本の通貨を支えた。

(ドル=149.8700円)

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

梶本哲史がレポートします。 サム・ホームズとリチャード・ブーリンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  イエレンのコメント、経済見通し、ドルの動き