Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

円相場が介入レンジに入ったことで日本の政策当局者らは批判にさらされている

円相場が介入レンジに入ったことで日本の政策当局者らは批判にさらされている

[東京 8月15日 ロイター] – 日本の政策当局者らの不満のなか、ここ数日で円が1ドル=145円を超えて上昇しているため、日本政府が昨年ほど迅速に介入を命令しないのではないかという疑念が高まっている。 弱い通貨の利点。

輸出の増加により第2・四半期の経済成長率は年率6%に達し、世界的な原油価格の下落により輸入代金の抑制に貢献した。

しかし、円安の主な要因の一つは変わっていない、それは米国との大幅な利回り格差である。 日銀は超緩和政策から少しずつ脱却しており、米国金利がピークに達したのではないかとの期待が高まっているが、今のところ債券市場は円を売る十分な理由となっている。

円が昨年9月と10月に日本当局による大量のドル売りを引き起こしたのと同じゾーンに入る中、為替トレーダーらは介入の発動に神経をとがらせている。

鈴木俊一財務大臣は火曜日、為替レートの変動を引き起こさないよう注意喚起を行った。

9/1-2のアジア取引で円は145.60円まで下落した。

鈴木氏は、急速な動きは「歓迎されない」とし、政府は「適切に対応する準備ができている」と警告する一方、介入の対象となる特定の職はないと改めて述べた。

当局者らは6月に円が144円を超えたときに最も声を上げたが、最近の円安に対する当局者の沈黙した反応は、投機筋がさらなる円安を推し進めない限り東京はもう少し円安を容認できる兆候だと市場参加者は解釈した。 もっと早く。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのシニア・ポートフォリオ・マネージャー、アーロン・ハード氏は「経済にとって145─150水準に伴う痛みは現時点では小さいため、昨年ほど積極的になるとは思わない」と述べた。

同氏は、ドル円相場の上昇が緩やかであれば、介入は「150円程度かそれを少し超える程度」になるだろうと述べた。

今のところ、トレーダーらはポンドやスイスフランに対して円を売って試している。

150は必須ではありません

日本は昨年、為替市場で9兆円(620億ドル)を支出し、9月と10月に円を買ってその下落を食い止めた。最初は145円だったが、その後は32年ぶりに再び152円を下回った。

昨年8月末のブレント原油価格は1バレル=105ドル程度で、輸入エネルギー価格の痛みに関する苦情が日本のマスコミに連日掲載された。

三井住友TSアセットマネジメント(東京)のチーフマクロストラテジスト、吉川雅之氏は「当時、円安は経済面だけでなく政治面でも問題であり、明らかに政府支持率に影響を与えた」と述べた。

ブレント燃料は現在約88ドルとなっており、輸入燃料に対する苦情は記憶の片隅に消え去った。

純粋にマクロ経済的な観点から見ると、吉川氏は、当局が150円以前の円安を阻止する必要はないと述べ、これは日銀が目指す緩やかなインフレ圧力と一致していると述べた。

円安を加速させた債券市場が、ついに日本当局に介入ボタンを押すのをやめる理由を与えるかもしれない。

肝心の米10年国債利回りが4%を超えて安定し、日本の利回りが日銀の新たな1%レンジに向けて上昇すれば、市場原理により円は利回り格差が縮小するにつれて徐々に回復する可能性が高いと日本の当局者らは述べた。

バークレイズ(東京)の為替ストラテジスト、加戸田真一郎氏は「政策変動のストーリーがまだ変わっていなければ、状況は好転するだろう。介入のリスクは145を超えて確実に高まっているが、緊急性は低い」と述べた。

(1ドル=145.4900円)

Kevin Buckland と Saqib Iqbal Ahmed によるレポート。 編集:サイモン・キャメロン・ムーア

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権を取得する新しいタブを開きます
READ  ボーイング機の窓にひびが入っているのを離陸後に客室乗務員が発見