Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

出典:日本政府、デフレ脱却の正式発表を検討中

出典:日本政府、デフレ脱却の正式発表を検討中





東京。 (毎日)

東京(共同通信)-日本政府が物価が緩やかに下落していることを認めてから約20年が経ち、日本政府がデフレ脱却の公式宣言を検討し始めたと関係筋が土曜日に明らかにした。

日本は「デフレ状態ではない」ことを確認しているものの、デフレが本当に過去のものになったとはまだ確信していない。 私は長年、物価や賃金が上がらないという国民の根深い認識を払拭しようと奮闘してきました。

しかし、主に輸入コストの上昇と持続的な賃金上昇への期待によって引き起こされた最近のインフレの発生は、日本がデフレとの戦いを終わらせる道を開くものとみられている。

関係筋によると、政府は今春の労働省間の賃金交渉の結果とインフレ期待を注意深く検討し、日本がデフレからの完全脱却を宣言するのに適切な条件が整っているかどうかを判断する予定だ。

日本は低価格の悪循環に陥っており、それが企業利益を損ない、賃金上昇を妨げている。 経済の大部分を占める個人消費はその後停滞した。

この正式発表は象徴的ではあるが、日本経済の主要な成長ボトルネックの一つを取り除くことを意味するだろう。

関係者によると、岸田文雄首相や閣僚が公表したり、政府が月例経済報告で声明を発表したりすることが選択肢の一つだという。

政府関係者らは、いかなる決定も経済の動向次第だと述べている。 彼らはまた、この問題が最終的には首相次第であることも認めている。

岸田氏は、日本はついに不況から脱却する機会を掴もうとしていると語ったが、生活費の高騰と与党自民党を巻き込んだ政治資金スキャンダルの中で国民の支持が低下しているのを目の当たりにしている。

過去10年間に日本銀行が実施した前例のない金融緩和措置は、インフレ目標を2%にするという約束を含む2013年の政府との共同合意に沿って、日本をデフレから脱却することを目的としたものだった。

政府は2001年3月の経済診断を発表し、日本は「緩やかなデフレ段階にある」と述べた。 それから数十年が経ち、日本のコアインフレ率は1月まで22カ月連続で日銀の目標である2%を上回った。

日本銀行の上田和夫総裁は最近議会で、日本中央銀行がこの春にマイナス金利を解除し、超緩和金融政策から脱却するという市場の憶測に言及したものと見られ、日本は「インフレモードにある」と述べた。

物価情勢を測る上で重要と考えられる経済指標の中でも、日本の需給ギャップは縮小し、需要が高まっていることを示しており、インフレの安定化にとっては前向きな動きとなっている。

ある政府関係者は、内需支援を目的とした政策措置として、日本の家計が所得税と住民税の引き下げをいつ迎えるかに言及し、「6月が重要になるだろう」と語った。

しかし、物価の見通しや2023年末に予期せぬテクニカルリセッションに陥った日本経済全般に不透明感が残っているため、政府内ではデフレ脱却宣言には慎重な姿勢もある。

日本銀行は、変動の激しい生鮮食品を除いた主要なインフレ指標であるコア消費者物価の上昇ペースが今後数カ月で鈍化すると予想している。

一部の当局者もこの問題を形式的なものとみており、これまでのところ日本は不況に陥っていないというのが政府の公式見解であるため、終息宣言は優先事項ではないとしている。

ある政府関係者は、政府が景気後退が終わったと発表した後に経済状況が悪化すれば「状況は悪くなるだろう」と語った。

READ  アジア株は中国での上昇で上昇するが、技術的な懸念を圧迫する