Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

北朝鮮、南部国境の島に向けて砲弾を発射

北朝鮮、南部国境の島に向けて砲弾を発射

画像ソース、 韓国国防省

写真にコメントして、

韓国軍は北朝鮮からの砲撃に対抗して実弾演習を実施

韓国軍は、北朝鮮が西海岸から韓国の延坪島に向けて200発以上の砲弾を発射したと発表した。

韓国は実弾演習を行う前に民間人に島内に避難するよう命じた。

南部はこの動きを非難し、「挑発的な行為」だと述べた。

2010年、北朝鮮の砲撃が延坪島に数十回行われ、4人が死亡した。

金曜日の現地時間午前9時から11時(グリニッジ標準時午前0時から午前2時)に発砲された砲弾はすべて両国間の緩衝地帯に落ちたため、韓国領土には進入しなかった。

韓国合同参謀本部は、今回の事件は「我が国の国民や軍に何らの損害も与えていない」としながらも、この行動は「朝鮮半島の平和を脅かし、緊張を高めるものである」と付け加えた。

この爆撃は、北朝鮮が朝鮮半島で「いつ勃発してもおかしくない」戦争に備えて軍備の増強に取り組んでいるとの警告を受けて行われた。

近くの平寧島と大清島の当局も民間人に避難するよう呼び掛けた。

韓国の申元植(シン・ウォンシク)国防相は金曜、声明で「北朝鮮が今朝、非戦闘地域内で砲撃訓練を再開したことは、朝鮮半島の平和を脅かし、緊張を高める挑発的な行為だ」と述べた。

さらに「わが軍は敵が新たな挑発を敢行しないように完全に排除し、武力でそのペースを支援する準備をしなければならない」と付け加えた。

画像ソース、 韓国国防省

写真にコメントして、

今回の事件は、北朝鮮が緊張緩和を目的とした韓国との軍事協定を完全に停止している中で起こった。

同省は、韓国が実施した演習中に北朝鮮のいかなる動きも感じなかったと述べた。

今回の事件は、北朝鮮が関係改善を目的とした韓国との軍事協定を完全に停止した数カ月後に起きた。

北朝鮮が11月に宇宙への偵察衛星の打ち上げに成功したと発表してから、協定は悪化し始めた。 これを受けて韓国は協定を部分的に停止し、国境沿いの監視飛行を再開すると発表した。

その後、北朝鮮は「陸、海、空を含むあらゆる分野での軍事衝突を防ぐためにとられた」すべての措置を撤回し、国境地域に「より強力な軍隊と新型の軍事装備」を配備すると発表した。

しかし北朝鮮は過去2年間に数回この条約に違反し、南に向けて海に向けてミサイルや砲弾を発射している。 北朝鮮が最後に海に向けて砲弾を発射したのは2022年12月で、同年だけで同様の事件が9件発生している。

したがって、一部のアナリストは、北朝鮮が合意から正式に離脱しても大きな変化はないのではないかと考えている。

韓国国防分析研究院のチョ・ビヨン氏は「北朝鮮はそもそも合意を遵守しなかったため、限定的な衝突の可能性は常に存在していた」と述べた。

軍事基地と約2,000人の少数の民間人が住む延坪島は、係争中の黄海の海上国境から3キロ(2マイル)、北朝鮮の海岸から12キロに位置している。

ここは長年にわたって南北間の海軍衝突の舞台となってきた。

2010年 – 北朝鮮が島に向けて数十発の砲弾を発射し、兵士2名と民間人2名が死亡した。

READ  気候危機により、英国とヨーロッパでは 10 月が異常に暑くなる、と専門家は言う | イギリスの天気