Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

危機の時期:日本の「奇跡」スナックは数十年後に最初の値上げを取得

日本のウマイヤ朝のコーンパフメーカーは、初めてのお気に入りの「奇跡」スナックの価格を引き上げ、その危機と10円の値札でファンに衝撃を与えました。

東京に本拠を置くヤオキン社は、コストの上昇により、うまい棒の価格を2円(0.02ドル)引き上げて12円にしたと情報筋は語った。 1979年に「おいしいスティック」を意味するスナックの販売以来、これはそのような増加の最初のものです。 何十年にもわたるデフレにもかかわらず、日本は依然として商品と輸送のコストの上昇から動揺していることを思い出させてくれます。 欧米諸国での価格上昇にもかかわらず、日本企業はこれまで、コスト意識の高い顧客を失うことを恐れて価格を上げることを躊躇してきました。

「うまい棒は長い間同じ価格だったので、2円の値上げは大したことだ」と59歳の主婦、江田典子氏はロイターに語った。 “私はびっくりしました。” チーズパフのようですが、円筒形のumiboチーズは、加工タラから卵まで15種類のフレーバーがあり、クリーミーなコーンスープがベストセラーです。

年間約7億本のカリカリスティックがパックで個別に販売されています。 低価格で何年もの間、シングルスティックを赤ちゃんの支払いの範囲内に保ち、多くの日本人にとって、スナックは子供の頃の思い出や隣の菓子屋を呼び起こします。 51歳の主婦である保坂直美は次のように述べています。

原材料費の高騰に加えて、日本企業は円高による輸入コストの上昇にも押しつぶされています。 食品メーカーは、直接価格を上げるのではなく、パッケージを減らすことで運営することがよくあります。これは「シュリンクフレーションhttps://www.reuters.com/world/asia-pacific/global-costs-soar-japans-shrinkflation-gets-harder-swallow -2021 -12 -03 “-ヤオキンの2007年のうまい棒との最後の取引。 東京のスナックバーである川原商店で何十年もスナックの購入を担当してきた根本武氏は、他のメーカーはもっと高い価格でそれに追随しなければならないと述べた。

「私たちは何もできません」と彼は増加について言いました。 「メーカーの目には、価格を上げるまで利益を上げることはできません。」 経済に関係なく、一部のウマイヤ朝のファンはこの変化を時代の終わりと見なしていました。

ロックミュージシャンの小澤淳史氏はツイッターで「歴史にターニングポイントがある」と語った。 彼のバンド、内国国門東光海は、ウマイヤ朝の「ミラクルプライス」についての歌詞を含む2010年の曲のスナックに敬意を表した。 「価格は曲ごとに異なり始めています」と彼は言いました。

($ 1 = 113.8800円)

(このストーリーはDev Discourseスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されました。)

READ  まれに、日本銀行のロビーの責任者がみずほのコンピューターの故障について謝罪する