Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

吉田麻也、久保タグフサタイトル18日本サッカーチーム-スポーツニュース、ファーストポスト

日本はオリンピックの男子サッカーメダルを一度だけ獲得しました。メキシコは1968年に銅メダルを獲得しましたが、マネージャーのハジムモリアスは、来月の東京2020が始まるときに、彼が故郷で誇りを持ってくれることを期待しています。

タグフサ久保のファイル画像。 アンドラ

東京: 元サウサンプトンのDF吉田麻也とレアル・マドリードの若手久保拓房は、火曜日の東京オリンピックで「金を狙った」18人の日本代表に指名された。

日本はオリンピックの男子サッカーメダルを一度だけ獲得しました。メキシコは1968年に銅メダルを獲得しましたが、マネージャーのハジムモリアスは、来月の東京2020が始まるときに、彼が故郷で誇りを持ってくれることを期待しています。

日本のシニアチームを率いる森安氏は、「東京オリンピックで金メダルを目指しており、今回は最高のチャンスを与える選手を選んだ」と語った。

「選ばれた選手ではない選手の自信を持ち続けたい。全員を日本に渡してほしい」と語った。

モリヤスは、32歳のサンペリアディフェンダーで、107のシニアキャップを獲得し、2回のワールドカップでプレーした吉田を、3回目のオリンピックで24歳未満のチームの3人のトッププレーヤーの1人として選びました。

ベテランシュトゥットガルトの28歳のミッドフィールダー、遠藤バタルと酒井宏樹(31)として吉田に加わったことで、ドイツとフランスのJリーグに出場した後、JリーグのU-レッドレッドダイアモンドに戻った。

このトリオは24歳の人々の間の最近の友情の継続となり、モリアスは彼らの影響力に喜んでいました。

「彼らは彼らがプレイしたゲームでチームを安定させるのを助けました」と彼は言いました。 「彼らはスムーズにそれを成し遂げたと思うが、オリンピックで結果を得るには、彼らはお互いからより多くを得る必要がある。」

日本のチームは、外国人選手と国内選手に均等に分かれています。

20歳のミッドフィールダーは、昨シーズン、スペインのヘタフェから借りた後、レアル・マドリードに戻ってきました。 しかし、モリヤスはカワサキフロンタルウィンガーのコルミドマをノックアウトすることに自信を持っている。

「ミトマはディフェンスプレーヤーであり、特別な資質を備えたプレーヤーです」と、24歳のモリアスは語った。

「彼がオリンピックでそれを行い、チームに貢献できることを願っています。」

日本はフランス、メキシコ、南アフリカとグループAに属しています。 彼らは7月22日に東京で南アフリカに対してキャンペーンを開始します。

日本チーム:

ゴールキーパー: ケイズク・オサコ(サンフレス広島)、コシ・ダニー(少年ベルマーレ)

ディフェンダー: 吉田麻也(サンプトリア/ IDA)、酒井宏樹(浦和レッズ)、井田倉クー(クロニンゲン/ NET)、中山ユタ(PECスボレー/ NET)、波田リオ(川崎フロンターレ)、タクロトマジ(ポーラ)/ PEL)

ミッドフィールダー: 遠藤ヴァタル(シュトゥットガルト/ GER)、草摩由希(ナコヤクランパス)、三好康児(アントワープ/ PEL)、ミドマコル(川崎フロンターレ)、リッチトーン(PSVアイントホーフェン/ NET)、田中碧(川崎リアルフタ))マドリード/ ESP)

フォワード: タイソンミダ(横浜F・マリノス)、湯田綾(鹿島アントラーズ)

READ  ワイルドセーブファイルの呼吸•Eurogamer.net