Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

国際通貨基金は、日本の金融政策に関する不確実性が世界的に広がっていると考えています

国際通貨基金は、日本の金融政策に関する不確実性が世界的に広がっていると考えています

  • 日銀の政策変更は世界に間接的な影響を与える可能性 – IMF
  • 中国経済は中期的に生産性の減速を目の当たりにしている
  • 世界貿易の分断はアジアに大きな打撃を与える可能性がある
  • 韓国は時期尚早の緩和と過度の引き締めを避けるべき

国際通貨基金(IMF)は木曜日、日本の金融政策の方向性について「不確実性」があると警告し、超低金利からの転換の可能性が世界の金融市場に重大な影響を与える可能性があると述べた.

IMFのアジア太平洋局のクリシュナ・スリニバサン局長も、先進国への輸出の低迷、中国の生産性の低下、世界貿易の分断など、アジアの経済見通しに対するリスクを指摘した。

「中期的には、中国経済は生産性と投資の減速を経験し、2028年までに成長率が4%未満に低下すると予想しています。

スリニバサン総裁は、仁川で開催されたアジア開発銀行の年次総会でのブリーフィングで、「世界経済が貿易ブロックに分裂するリスクがある」と述べ、輸出に依存するアジアに特に大きな打撃を与える可能性があると述べた。

ほとんどのアジアの中央銀行は引き続き金融政策の引き締めを行うべきですが、日本は例外であり、緩やかなインフレが続いていますが、状況は変わる可能性があります。

スリニヴァサン氏は「インフレが進む中、日本の金融政策の方向性は不透明だ」と述べた。

「国債利回りのさらなる上昇につながる日本の金融政策の変更は、海外の債券に多額の投資ポジションを保有する日本の投資家を通じて、世界的な波及効果をもたらす可能性がある」とスリニバサン氏は述べた。

彼は、「これらの投資家のポートフォリオを再調整することは、世界的なリターンの上昇につながり、一部の国ではポートフォリオの流出につながる可能性がある」と付け加えた.

インフレ率が目標の 2% を超えているため、市場では日本銀行 (BOJ) が今後数か月以内に利回り調整政策を調整する可能性があるという憶測が広まっています。

日銀は金曜日に超低金利を維持したが、これまでの金融政策の動きを見直す計画を発表し、上田和夫新総裁が前任者の大規模な景気刺激策を段階的に廃止するための土台を築いた.

スリニバサン氏は、パンデミック関連の制限から再開した後の中国の急速な回復により、韓国を含む一部のアジア諸国の輸出が増加する可能性が高いと述べた。

「中国の回復の初期段階は消費とサービスに牽引されているが、下半期のどの時点でも、消費とサービスから製造業の需要への変化が見られるだろう」とスリニヴァサン氏は記者団に語った。

彼は、エネルギー価格の下落により韓国の総合インフレ率が低下している一方で、食料とエネルギーのコストを除くコアインフレ率はまだ決定的に低下していないと述べた。

これは、韓国銀行(BOK)が時期尚早の金融緩和を避けるべきであることを意味するが、政策が過度に引き締められるリスクも減らすべきであると彼は述べた。

これらの考慮事項を総合すると、BoK は 2 月と 4 月の会議で利上げを適切に保留し、受け取ったデータに応じてさらなる利上げのオプションを残しました。

(東京のライカ・キハラによる報告、シュリ・ナヴァラトナムによる編集)

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本経済:四半期成長データが上方修正され景気後退を回避