Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

堀島伊熊選手が日本人選手として初めてワールドカップモーグルシーズンタイトルを獲得

堀島伊熊選手が日本人選手として初めてワールドカップモーグルシーズンタイトルを獲得

金曜日、カザフスタンで行われた今季最終戦のモーグル競技会で2位となり、日本の堀島育馬選手がフリースタイルスキーワールドカップモーグルのタイトルを獲得した初の日本人となった。

北京冬季オリンピックの銅メダリストは、アルマトイではカナダのマイケル・キングスベリーに遅れをとって終了したが、2018年平昌オリンピックの金メダリストをシーズンランキングで610ポイント上回り600ポイントとし、トロフィーを掲げた。

2024年3月8日にカザフスタンのアルマトイで開催されたフリースタイルスキーワールドカップ男子モーグルシーズン選手権で優勝し、クリスタルグローブのトロフィーを手にする日本の堀島一熊選手。 (アンドレイ・クラギン/京都)

「ワールドカップでの100試合目の試合を終えて、ようやくクリスタルグローブを手に入れることができて、非常に重要な気分です。本当に良い日です」と堀島さんは語った。

堀島はモーグルとデュアルモーグルの両方でポイントを獲得するモーグル総合で2位となり、さらなる優勝を目指している。 今シーズンはダブルモーグルがあと2大会あります。

ダブルモーグルは、ミラノとイタリアのコルティナダンペッツォで開催される2026年冬季大会に初出場する。

2014年と2022年のオリンピックモーグル銀メダルを獲得したキングズベリーは金曜日に84.89点を獲得し、堀島の83.48点を上回った。 オーストラリアのマット・グラハムが3位となった。


関連報道:

フリースタイルスキー:堀島育馬がワールドカップモーグルで2度目の優勝


READ  日本のiSpaceは、最初の商用月着陸船の打ち上げの遅れに備える