Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

外国人は3週間の買いで日本株のネット売りに転じる

1月20日(ロイター)-外国人は1月14日に終了する週に日本株を純売りしていました。国内でのオミクロン主導のCOVID-19症例の増加に対する懸念と、米連邦準備制度理事会がすぐに金利を引き上げるという期待の高まりの中でできるだけ。 3月、リスクへの欲求を抑えます。

日本の証券取引所のデータによると、先週、外国人によって3,447億3000万円(30億1000万ドル)の株式がオフロードされ、12月3日以来最も多かった。

日本株への外国人流入

国境を越えた投資家は、2,720億円相当のデリバティブと722.3億円の現金株式市場を売りました。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

大蔵省のデータによると、先週、部外者が1兆5000億円の日本債を購入し、3週連続の純購入となった。

先週、東京と大阪の主要な大都市圏でのCOVID-19感染の突然の増加は、イオン(8267T)や映画オペレーターの東宝(9602.T)を含む日本の小売業者やサービスプロバイダーでの売却につながりました。 続きを読む

3月初旬の利上げ期待を後押ししたFRB当局者からのタカ派のコメントも、投資家のセンチメントを圧迫した。 続きを読む

日経平均株価は先週、2週連続で1.24%下落しましたが、東証株価指数(.TOPX)は0.9%下落しました。

日本の投資家は先週、1.05兆円相当の海外債券を購入したが、国境を越えて5310億円相当の株式を売却し、2週連続の純売りとなった。

海外株式への日本の投資

(ドル= 114.4600円)

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

バンガロールのGauravDograとBaturagaMurugaupathiによる追加の報告。 ShunakDasguptaが編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  サウジアラビア王国駐日大使は、今上天皇徳皇帝生誕62周年を祝うレセプションを開催します。