Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大谷翔平がコルススタジアムでの2021年本塁打競争への参加を発表

ゲームの最大の特徴は、LoDoでのロングボールのシュートです。

エンゼルススターの大谷翔平は金曜日、7月12日にクアーズスタジアムで開催される2021本塁打競争への参加を発表した。

毎年恒例のイベントで、才能あふれる双方向のストリートである26歳の大谷を見て興奮した数百万人の野球ファンの1人として、ロッキーズのマネージャーであるバドブラックを数えます。

「私たちがこのことに関与できる知名度の高い選手が多ければ多いほど、それは素晴らしいことになるでしょう」とブラックは語った。 「今のところ、彼ほどエキサイティングな選手はいない。(右)投手、打者、強さ、スピード。そうだね。そのような力を見せよう。彼はゲームに最適で、エンターテインメントにも最適だ。」

日本の左利きの打者は、クアーズフィールドでのキャリアの中で、自宅で走ることなく、4試合しかプレーしていません。

しかし、2018年5月8日のLoDoでの試合前のバッティング練習セッション中に、大谷は来月1マイルの高さで家に帰る能力を期待してショーを行いました。 大谷はツアーで多くのホームランを打った。その中には、アッパーデッキに当たって500フィートをクリアしたと思われる巨大な右中央のショットが含まれていた。

今シーズン、大谷は野球で3位で、ブルージェイズの最初のチームであるウラジミールゲレロジュニアとフェルナンドテイツジュニアパドレスに次ぐ19人の選手がいます。どちらも22人です。

READ  「人間の条件」レビュー:日本の壮大なHD