Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大量の日本の核廃棄物が海外処分される可能性がある





関西電力3号機の蒸気発生器の交換。 (関西電力株式会社提供)(共同通信)

東京(京堂)-日本の原子力発電所には57,000トン以上の大型設備があり、放射性産業廃棄物になり、将来的には海外に処分される可能性があると、電力会社のデータ集計は土曜日に示した。

潜在的に危険な廃棄物の量は、放射性廃棄物を受け入れる意思のある自治体がほとんどないときに放射性廃棄物の輸出を禁止する規則を再検討するという政府内の進行中の動きを強調しています。

外国為替法に基づく規則の例外を作成すると、エネルギー会社は、特定の種類の大型機器が仕向国でリサイクルされる場合、それらを処分するようにオフショア請負業者に委託することができます。

しかし、批評家は、日本で発生した放射性廃棄物を他の国に強制するべきではなく、そのような廃棄物は改善された関連する処分技術を通じて地元でリサイクルされるべきであると言います。

統計によると、この国の原子力発電所には、3月末時点で、現在も使用されているものを含め、57,230トンの大型設備がありました。

関連する機器には3つのタイプがあります。 蒸気発生器は電気を生成するために使用される蒸気を生成し、給湯器は反応器に戻る水を加熱し、使用済み核燃料を貯蔵または輸送するためにケーシングを使用します。





写真は福島第二原子力発電所1号機の給水加熱器です。 (写真提供:東京電力ホールディングス株式会社)(共同通信)

たとえば、37基の蒸気発生器が使用されており、統計によると、それらの総重量は12,000トンです。 22基の発電機(7,500トン)はまだ廃止される原子炉にあり、さらに51基(15,300トン)はまだ使用されています。

不自由な福島第一原子力発電所には、3,360トンの使用済み核燃料ケーシングがあります。 しかし、産業省は、廃炉プロセスからの廃棄物が海外で処分されるシナリオを見ていないと言います。

料金には東京電力ホールディングスの工場のデータは含まれていません。 東北電力はデータ提供を拒否した。

日本では2020年半ばから原子炉の廃止措置が加速し、それに伴って放射性廃棄物が増加すると予想されています。 すでに24基の商用原子炉を停止する予定です。





この画像は使用済み核燃料のエンベロープを示しています。 (写真提供:核燃料輸送公社)(共同通信)

放射性廃棄物は、その汚染レベルにもよりますが、地下に埋められると予想されます。 しかし、いくつかの処分場が取り上げられ、特に大型の原子炉設備の取り扱いが滞っていた。

蒸気発生器は、長さ20メートル、重さ300トンの大きな円筒形の金属製の物体です。 サイズが大きいため、簡単に切り刻んだり、樽に詰めたり、埋めたりすることはできません。

関西電力は、建物内に21台の発電機を保管しています。 ある会社筋は、「(発電所の)建物に少しスペースを空けて前進することを懸念している。それは操業停止事業に影響を与えるからだ」と語った。

関係者は、「廃棄物を国内で処分することは事実上不可能である。規制の再検討は、行き止まりに達した廃棄物の問題への希望のかすかな光である」と付け加え、海外で処分されることへの希望を表明した。

日本側が廃棄物の輸出の可能性について話し合っている会社の1つはEnergySolutionsIncです。 、米国の原子力サービス会社であり、原子炉廃炉事業の主要なプレーヤーです。

ユタに本拠を置くこの会社は、米国内外で原子炉の廃止措置で発生した60,000トン以上の廃棄物を処理してきました。

ある会社の関係者は、輸出を検討している3種類の大型原子炉設備だけでなく、福島第一原子力発電所からの金属などの他の廃棄物も処理できるとの確信を表明した。

政府の原子力委員会の委員長代理を務めた長崎大学の鈴木達治郎教授は、放射性廃棄物の海外での処分の認識に批判的である。

鈴木氏は、「国が廃棄物の処理について真剣に話し合わない場合に得られるものだ」と述べ、斜面が滑りやすく、福島原発事故による廃棄物の輸出につながる可能性があると警告した。

「自国で処分しなければならないという原則から見て、無責任だ」と語った。

READ  日本の投資家はスリランカへの投資機会について楽観的です-ビジネスニュース