Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

宇宙航空研究開発機構は人工衛星を搭載したロケットの打ち上げを中止した。

宇宙航空研究開発機構は人工衛星を搭載したロケットの打ち上げを中止した。

経済科学技術


和歌山県串本市、3月9日(GGプレス) — スペースワン社は、土曜日午前に和歌山県西部串本市のスペースポート紀伊施設で予定されていた小型衛星を搭載したジャイロロケットの打ち上げを延期した。 日本。

日本の宇宙スタートアップ企業は、カイロスの1号機が打ち上げられなかった理由を調査している。 新たな発売日は未定。

成功すれば、民間のみで開発した衛星搭載ロケットの打ち上げは日本初となる。

カイロスNo. 固体推進剤3段と液体推進剤上段1基の1基で、長さ18メートル、重さ約23トンで、ロケットの先端に内閣衛星情報センターの小型衛星を搭載する。

導入は当初2021会計年度に予定されていたが、新型コロナウイルス感染症危機とロシアのウクライナ侵攻による部品調達の遅れにより4度延期されてきた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  ワイルドセーブファイルの呼吸•Eurogamer.net