Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

富士山が見えなくなるため日本のアパートが取り壊される

富士山が見えなくなるため日本のアパートが取り壊される

富士河口湖町から撮った富士山の写真。
フィリップ・フォン/ゲッティイメージズ

  • 日本の不動産開発業者である積水ハウスは、最新プロジェクトの1つを取り壊すことを計画している。
  • この決定は、近隣住民から富士山が見えなくなるとの苦情を受けてのことだった。
  • 日本も富士山のホットスポットに観光客が集まるのを阻止するために格子を設置した。

まず日本は、富士山の写真を撮るために観光客が集まる富士河口湖リゾートの人気スポットの前に、高さ8フィートのメッシュの柵を設置した。

その後、建設計画を発表 背の高い対観光金属フェンス 写真を撮るのにもう一つ人気の場所は、富士山ドリームブリッジです。

しかし、これらの原始的な景色を保存したいという探求はますます激しくなっています。日本の不動産開発会社は、雪を頂いた山頂の眺めが妨げられると近隣住民から苦情が出たため、完成間近の10階建て集合住宅を取り壊すことを決定しました。

開発会社積水ハウスが建設した集合住宅「グランドメゾン国立富士見通り」は、東京西部、国内最高峰の眺望で有名な地域に位置する。 建物は風光明媚な富士見通り沿いに位置しています。

開発業者の広報担当者はBusiness Insiderに対し、同社はまず建物のデザインを変更することで怒っている近隣住民をなだめようとしたが、失敗に終わったと語った。

広報担当者は「地元住民や国立市との継続的な説明会を経て、建物を11階建てから10階建てにし、建物の高さを下げるなどの設計変更を行った」と述べた。

しかし、開発者は最終的に建物を完全に取り壊すことを決定した。

積水ハウスは声明で「現在の状況は景観全体に重大な影響を与えていると判断し、富士見通りからの撤去が最優先であるとの結論に達し、独自にこのプロジェクトの中止を決定した」と述べた。 声明 火曜日。

が作成した報告書によると、この集合住宅は18戸の住宅ユニットで構成されており、価格は約44万5,000ドルから64万6,000ドルの範囲である。 ブルームバーグ

ブルームバーグによると、入居者らは1カ月以内にアパートに入居する予定だったという。

開発業者の広報担当者はブルームバーグに対し、同社はアパート購入者に補償し、必要に応じて住宅探しを支援すると語った。

しかし、富士狩りをする観光客が地元住民に迷惑を及ぼすことを防ぐ日本の取り組みは骨の折れる取り組みだが、完璧な写真を撮りたい旅行者たちはこうした計画を阻止する方法を見つけた。

例えば、当局は、遮断機が設置されてからわずか1週間後に、富士河口湖の網に指大の穴が約10個あるのを発見した。

6月13日、午前2時36分 — この記事は積水ハウスの広報担当者からの回答により更新されました。

READ  中国当局は、米国の経済的強制の「選択的記憶喪失」を標的にしています