Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田と玉城は党での演説でベトナム問題を回避する

沖縄県玉城デニー・玉城デニー知事は、岸田文雄首相との確執を、米軍の統治から日本主権に復帰してから50周年を迎える式典で中断した。

ここでの5月15日の式典で、玉城の演説は、USMC普天間飛行場基地を宜野湾から名護市の辺野古地域に移動するという論争の的となっている問題については言及していませんでした。

式典後、玉城氏は記者団に対し、「50年後には対処されていない問題に対処する」と語った。 「聴衆の声に耳を傾けながら、知事としての義務を果たす決意です。」

中央政府との対立を強調しないという彼の決定は、州の態度の変化を反映している可能性があります。

1972年に沖縄が日本の主権に復帰して以来、最南端の県は、日本での米軍基地の大部分をホストする責任を負わなければなりませんでした。これは、すべての自民党政権によって一貫して追求されたアプローチです。

沖縄戦は数十年前から続いているが、県内の雰囲気は一変し、辞任感が定着しているようだ。

朝日新聞と他の2社のメディア企業による最近の調査によると、沖縄の有権者の38%が県の最優先課題として地域経済の活性化を挙げており、米国の基本問題を選んだ人の26%を上回っている。

玉城は9月に再選に直面している。 進歩的で保守的な有権者が彼の後ろに集まり、米国の基地移転計画に反対したとき、彼はもはや4年前に持っていた確固たる足場を持っていません。

調査によると、最近の国際的な出来事は、米軍基地が国の安全に不可欠であるという日本の感情も強化している。

中国は、東シナ海の日本が所有する尖閣諸島の近くの海域で海軍活動を強化している。 日本の核隣国であるロシアは、2月にウクライナを侵略した。

日本政府は、米国との同盟関係を強化することが、現在の状況下での安全を確保するための最優先事項であるとますます確信している。

岸信夫国防長官と米国のロイド・オースティン国防長官は、今月初めに国防総省で、2つの同盟国が普天間飛行場の移転に協力し続けることを確認した。

繰り返し位置

5月15日の式典後の交通問題について記者から尋ねられた岸田文雄は、人口密度の高い宜野湾の普天間飛行場の閉鎖に関する前任者の立場を繰り返した。

「私たちは、再定住が唯一の実行可能な解決策であることを沖縄に明らかにしました、そして私たちは彼らの理解を求めています」と岸田は言いました。

式典での演説で、彼は、彼の政府が米軍基地をホストする沖縄の負担を減らすために一生懸命働くであろうという新しい誓約をしました。

「沖縄の人々が大きな負担を負っていることを私たちは理解しています」と彼は言いました。 「私たち政府はそれを非常に真剣に受け止めており、根底にある負担を軽減するために全力を尽くします。」

彼は手紙の中で風天間飛行場の移転の問題について言及しなかった。

数人の自民党首相は、沖縄の指導者からの意見を聞いた後、すでに行動を起こしている。

例えば、橋本龍太郎は、ふてんま飛行場の日本への返還を求め、1996年にふてんま基地を閉鎖するという画期的な合意に至りました。

橋本の後継者である小渕恵三は、島民への敬意を表して、2000年に沖縄県でG8サミットを開催することを決定しました。

しかし、安倍晋三首相と菅義偉首相が率いる政府は、沖縄当局者との対話に消極的でした。

彼らの部門はまた、輸送の問題で県政府を飼いならすためにニンジンとして沖縄の経済を後押しすることを目的とした州のプログラムを使用しました。

基本的に、郡の資金は、根本的な問題に対する知事の立場に応じて増減します。

沖縄県の最近の地方選挙の結果は、有権者が経済的利益を約束する候補者を支持していることを示しています。

2018年度の沖縄の一人当たりの平均所得は239万円(18,500ドル)で、全国平均は331万円でした。 全国で最も低いレベルでした。

新しいコロナウイルスのパンデミックは、主な産業が観光業である州にも深刻な打撃を与えました。

2018年度は1,000万人以上の観光客が訪れましたが、健康危機の発生以来、その数は減少しています。

ベースの移動に関する問題は続く

岸田政権は、辺野古地区からふてんまの仕事のために新しい米国の基地を建設するために、埋め立てプロジェクトを進め続けています。 埋め戻し作業の一部が完了しました。

岸田文雄は沖縄の見解に耳を傾ける意思を示したが、アルカイダ問題に関する日米政府間の会談に参加するよう沖縄当局からの繰り返しの要請を拒否した。

辺野古プロジェクトの運命は、弱い海底が発見された今、土地を復元できるかどうかにかかっています。

11月、玉城県と県は、埋め立て地の設計変更を求める中央政府の要請を拒否した。

これは、移管問題をめぐる別の長引く法廷闘争につながる可能性があります。

反対側のブロックは湾曲しています

自民党が国会を支配しているため、たとえ政党が沖縄の支援に参加したいと思ったとしても、野党ブロックは簡単に取り残される傾向がある。

下院議員は、沖縄帰国50周年を記念する決議案を採択する予定です。

しかし、野党議員が決議案に日米の地位協定の見直しを検討すべきだと付け加えたため、5月15日までには実現しなかった。

自由党は、アドオンの削除を要求しました。
日本における在日米軍の法的地位を定義する地位協定は、1960年に発効して以来、改訂されたことはありません。

批評家は、この合意は、日本の法執行機関からの排除を含む、米軍要員に優遇措置を与えると主張している。

(この記事は、岸村、松山直樹、少女光泉、山中義親の報告をまとめたものです。)

READ  マスクされていないブラックホールとの接近遭遇を生き延びた謎の物体