Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

探査機は水星の風景の驚くべきクローズアップビューを撮影します

探査機は水星の風景の驚くべきクローズアップビューを撮影します

水星上空を飛行する2機の衛星によって撮影された一連の画像には、水星上のクレーターだけでなく、いくつかの「地殻変動と火山の珍奇物」が捉えられていた。

ベピコロンボミッションと呼ばれるこの衛星は、欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構によって運用されている。

画像は、ミッションの3回目の重力支援飛行中に撮影されたものです。 欧州宇宙機関はプレスリリースで次のように述べた。。 このようなフライトは合計6回行われます。 画像は、惑星の表面上空 236 キロメートル、つまり約 146 マイルの距離から撮影されました。

当局が公開した白黒写真には、クレーターを含む複数の特徴が写っている。 ジャマイカ人芸術家エドナ・マンリーにちなんで新たに名付けられたこのクレーターは、幅約218キロメートル(135マイル)ある。 研究者らはプレスリリースで、このクレーターには「低反射の『暗い』物質」が存在するようで、地球の初期の炭素豊富な地殻の名残である可能性があると述べているため、特に興味深いと判断した。

BepiColombo によって描かれた特徴を示す注釈付きの画像。

ESA/ベピコロンボ/MTM、CC BY-SA 3.0 IGO


クレーター盆地は滑らかな溶岩で満たされており、研究者らはこれが「水星の火山活動の長い歴史の証拠」だと述べた。

ベピコロンボは今後も軌道上からクレーターの監視を続け、その地域の炭素と内部にどのような鉱物が存在するかを測定する予定だ。

惑星の近くで撮影された2枚の画像には、水星の「最も刺激的な地質学的推進システムの1つ」が示されている。 この地域は「棚葉状」であり、研究者らは惑星の冷却と収縮によって形成されたと考えている地殻構造の特徴である。 その結果、その領域にしわが寄って見えます。 溶岩浸水地域にも特徴があります。

イタリア国立天体物理学研究所のヴァレンティーナ・ガッルッツィ氏は、画像を発表したプレスリリースの中で、「これは水星の地殻変動の歴史を研究するのに興味深い領域である」と述べている。 「これらの崖の間の複雑な相互作用は、惑星が冷えて収縮するにつれて、表面の地殻が滑ったり滑ったりして、さまざまな興味深い特徴を生み出していることを示しています。惑星が軌道に入った後、私たちはより詳細に調査する予定です。」

研究者らは、このミッションは2024年9月に再び水星のフライバイを完了するだろうと述べた。

READ  食べることに負けない小林尊が健康上の理由で引退