Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、消費低迷を理由に2月の経済見通しを下方修正

日本、消費低迷を理由に2月の経済見通しを下方修正

2023 年 11 月 15 日に撮影されたこの写真には、東京の交差点を通り過ぎる人々が写っています。 (新華社/張暁宇)

東京、2月22日(新華社通信) – 日本政府は水曜日、個人消費と生産の強さに対する慎重さが増したため、2月の国内経済見通しを3カ月ぶりに下方修正した。

内閣府の月例経済報告によると、報告書は「日本経済は、このところ足踏みしているように見えるものの、緩やかなペースで回復している」と述べ、前回の「足踏み」という言葉に続いて「部分的に」という文言を削除した。 。

政府は経済の主要な構成要素のうち、国内総生産(GDP)の半分以上を占める個人消費の最近の上昇が「一服しているようだ」と指摘し、個人消費の評価を2年ぶりに引き下げた。

水曜日の経済報告書はまた、トヨタ自動車、ダイハツ工業、豊田自動織機に関わる一連の安全性試験不祥事を受けて、生産に関して慎重な姿勢を示し、鉱工業生産は増加が見込まれるものの、「生産活動は低下している」と述べた。最近。”

この悲観的な評価は、日本経済が内需の低迷により第4四半期に予想外に景気後退に陥り、世界第3位の経済大国の座をドイツに奪われたことが先週のデータで示された後に出たものである。

READ  ゲームの巨人、エルデンリングのバンダイナムコは、ハッカーが顧客データを盗んだ可能性があると述べている-TechCrunch