Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本で発見された7,200万年前の「青い龍」はこれまで見たものとは異なっていると専門家が語る

日本で発見された7,200万年前の「青い龍」はこれまで見たものとは異なっていると専門家が語る

モササウルスは、白亜紀の終わりに海洋を支配していた頂点海洋捕食者のグループです。 ここに描かれているモササウルス科とは異なり、「ブルードラゴン」は異常に大きな後ひれと背びれを持っていました。 (画像提供: Getty Images)

日本の科学者らが古代のホオジロザメの完全な遺体を発見した。 海の怪物 それは生息していた古代の海を恐怖に陥れました。 研究者らが「ブルードラゴン」と名付けたこの先史時代の捕食者は、絶滅した近縁種とは一線を画す特異な体の構造を持ち、他のどの生き物とも異なっている。

約7200万年前のこの例外的な化石は、本州の和歌山県の有田川沿いで発見された。 これまでにないタイプのものです モササウルス – 当時海洋捕食者であった空気呼吸する水生爬虫類のグループ 白亜紀 (1億4500万年から6600万年前)。 この「驚くべき」化石は、日本と北西太平洋でこれまでに発見された中で最も完全なモササウルス科の化石である、と研究者らは論文で述べている。 報告

READ  ジャパンパレード&ストリートフェア:5月13日(土)