Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のコロナウイルスの1日あたりの症例数は4か月ぶりに13,000人を超えます

オミグラン亜種による感染の第6波が全国に広がり続けているため、日本のコロナウイルスの1日あたりの症例数は水曜日に4か月以上ぶりに13,000件を超えました。

全国で13,244件、東京で2,198件、4ヶ月ぶりに2,000件を超えました。

全国的な増加が加速しており、1月4日には1,000件以上の症例が確認され、8日間で10,000件に達しました。

2022年1月12日の東京の渋谷エリアの大画面には、首都での2,198件の新しいコロナウイルス症例の確認されたニュースが表示されます。 オミグロン亜種が蔓延する中、日本では1日で合計1万件以上のコロナウイルスが新たに確認されました。 (京都)==京都

水曜日に市政府が発表した件数は、火曜日に登録された962件の2倍以上であり、前週の5倍でした。

大阪府は同日、9月15日以来初めて1,000件を超え、1,711件の新たな感染を記録し、前週の7倍近くになりました。

沖縄の南部州は1,644で同様の数の症例を確認しましたが、山口の西部州は182の新たな感染を報告しました。

日曜日から沖縄、山口、近隣の広島州で非常事態宣言が発令され、レストランは営業時間を短縮し、アルコールの提供を停止するようになりました。

3省の知事は、沖縄と山口の米軍基地でのCOVID-19の蔓延を疑っている。

エピデミックの第5波が抑制された後、9月中旬から毎日数百件の感染がありましたが、オミグラン株の出現により、昨年末から症例数が増加しています。

情報筋は水曜日に、連邦政府が3月から65歳未満の人々のための2回目と3回目のCovit-19ワクチン接種の間隔を8ヶ月から7ヶ月に短縮することを検討していると述べた。

昨年12月には、介護福祉士と老人ホームの格差が6か月に短縮され、2月から7か月の休憩をとった後、高齢者は一般的にブースターショットを受けることができた。

2022年1月12日、マスクされた人々がコロナウイルスからの保護のために大阪の梅田エリアで行進しました。 オミグロン亜種が蔓延する中、日本では1日で合計1万件以上のコロナウイルスが新たに確認されました。 (京都)==京都

しかし、吉村洋文大阪府知事は水曜日の記者会見で、ウイルスはかつてないほど急速に拡大していると述べ、「ブースターショットでオミグロンの亜種を抑制することはすでに不可能になっている」と付け加えた。

医学的合併症を防ぐために、連邦政府は、オミクロン変異体の影響を受けたすべての人を病院に入院させ、重度の症状を発症するリスクのある人だけを入院させるという方針を変更しました。

保健省によると、全国の約16,000の医療機関が協力して自宅を訪問し、自宅で回復している患者を監視している。

日本はまた、37,000人の患者が病院に入院できるように医療能力を増強しました。これは、国がエピデミックの第5波の最悪の事態を経験したときに示されたレベルよりも30パーセント高くなっています。

READ  オリンピック関係者は、東京はスポーツで進歩する傾向にあると言います | 日本