Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のコロナウイルスワクチンの自己負担額は政府支援により4月時点で約50ドル

日本のコロナウイルスワクチンの自己負担額は政府支援により4月時点で約50ドル





このファイル写真ではコロナウイルスワクチンが投与されています。 【毎日・手塚耕一郎】

東京-日本の厚生労働省は3月15日、65歳以上と基礎疾患のある60~64歳の新型コロナウイルス定期ワクチン接種について、4月から各自治体に対し1回当たり約7千円の自己負担を補助すると発表した。それら(約47ドル)。 。

ただし、国の補助金に加えて自治体が独自に補助金を支給する場合もあるため、実際の負担額は自治体によって異なります。

厚生労働省によると、2月に新型コロナウイルスワクチンメーカー各社に価格を聞いたところ、注射代も含めて1回当たり1万5300円程度との回答があったという。 このうち国は2024年度に8300円を市町村に補助することを決めているが、2025年度以降も接種支援を継続するかは未定。

新型コロナワクチンは3月末まで無料で受けられ、4月からは定期接種となり、秋から冬にかけて年に1回接種される予定だ。 一方、65歳以下の健康な人への接種は4月以降「任意」扱いとなり、費用は全額自己負担となる。 国の補助は適用されず、費用は医療機関によって異なる見込み。

国は生活保護受給者など低所得者が無料でワクチン接種を受けられるよう、自治体に補助金を支給する。

【末島佳苗】

READ  14の米国フルブライト賞、12のシモンズ財団のジュニア研究員、およびより多くの制度的業績