Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のサービス部門は8月に5か月ぶりに縮小-PMI

2015 年 3 月 18 日、東京の道路を横断する人々 Photo: Yuya Shino/Reuters

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

ビジネス調査によると、日本のサービス部門の活動は、COVID-19 の新たな感染が需要に打撃を与えたため、8 月に 5 か月ぶりに縮小したことが示されました。

この景気後退は、世界第 3 位の経済の回復が依然として不安定であり、世界の成長見通しがますます悲観的になってきていることを示しています。

auじぶん銀行日本サービス購買担当者指数(PMI)は季節調整値49.5まで低下し、3月以来初のマイナスとなった。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

数字は 49.2 のフラッシュの読書よりわずかに良かったが、7 月の 50.3 で活動のわずかな拡大より悪かった。 50 マークは収縮と拡張を分けます。

調査をまとめたS&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの経済担当アソシエイト・ディレクター、アナベル・フィデス氏は「サービス活動の新たな減少は、工業生産のさらなる減少を伴い、工業生産は2021年9月以来最も速いペースで減少している」と述べた。

「しかし、プロバイダーは、パンデミック関連の制限がその後大幅に緩和されたため、感染も増加した2022年の初めに見られたものと比較して、生産の減少が弱いことに気づきました。」

サービス企業が直面する平均コスト負担は、エネルギー、燃料、原材料のコストの上昇により、8 月に著しいペースで拡大しましたが、企業は料金を緩やかに引き上げ続けました。

製造業とサービス業の両方を使用して推定された総合PMIは、2月以来初めて縮小し、最後の7月の50.2から49.4に低下しました。

「日本の民間部門は、今後数か月間、圧力を受け続ける可能性が高い」とフィデス氏は付け加えた。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

(Daniel Losink による報告) Kim Coogle による編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本は海外買収への意欲を取り戻す