Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のタカラバイオがMRNAワクチンの委託生産を開始する予定です

東京発-来年から契約ベースでmRNAワクチンを大量生産するタカラバイオは、日経が輸入に対する信頼性を低下させるための主要な製造施設を開発した最初の日本企業の1つであることを知りました。

タカラは鹿県クシャッツの旗艦工場でバイオ設備の再構築を進めており、1月から生産を開始する予定です。

外科医は、プラスミドDNAおよびMRNAワクチンの出発物質を作成します。 タカラバイオは、スタートアップ製品を最終製品に変えるための技術が顧客から利用されることを期待しています。

先駆的な技術で設計されたディスプレイの日本での生産能力が不足していたため、そのワクチンのリリースは遅れ、ModernaおよびPfizerコロナウイルスワクチンの到着を待っていました。 タカラバイオのイニシアチブは、現在のコロナウイルス感染だけでなく、将来の感染に対する流通障壁のリスクを軽減することが期待されています。

放出量はワクチンによって異なります。 タカラバイオは、ファイザーワクチンの年間投与量が1200万回に相当する容量を計画しています。

需要が拡大した場合、同社は物品税の拡大を検討する予定ですが、現在、新規投資は計画されていません。

タカラバイオは、コロナウイルスワクチンを開発している国内のバイオ医薬品企業であるアンガスのために、MRNAタイプなどのDNAワクチンを製造する契約を以前に獲得しています。

ワクチンは、コロナウイルスと戦うためにMRNA技術を使用して最初に実装されました。 このようなワクチンは、標的ウイルスの遺伝情報を使用して迅速に開発することができます。

従来のワクチンの開発には通常数年かかりますが、ファイザーとモダーナの両方が1年足らずでショットを公開しました。 大量生産を加速するために、Modernaはスイスロンサグループと他の製薬会社に生産を外注しました。

生物医学を専門とする東京大学の津本浩平教授は、「国内生産が可能であれば、海上供給への依存のリスクが軽減され、エピデミックへの備えが強化されるだろう」と語った。

製薬業界では、レシピエント市場でワクチンを現地で製造するのが一般的です。 最近のバイオ医薬品の台頭により、契約製造部門の技術レベルが向上しています。

昨年、mRNAワクチンが実用化されて以来、世界中の委託製造施設に投資が集中しています。 韓国では、SamsungBiologicsが2022年に独自のmRNAワクチン製品事業を開始します。

日本のAGCは、子会社のAGCBiologicsが運営するドイツの工場で2023年までにmRNA出発物質を生産する予定です。 日本の他の場所では、第一三共は独自のmRNAワクチンを開発しており、来年には大量生産インフラストラクチャを確立する予定です。 オキシレートは2025年までにMRNAワクチンを大量生産する準備ができています。

READ  コロンビアのカブトムシは暗号通貨の助けを借りて日本に輸出されています