Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の与党自民党は選挙前の最大27%の支持を受ける:投票

与党の自由民主党は、7月10日に予定されている議会選挙に先立って最も高い支持率を示しており、日曜日の京都ニュース調査をリードしている。

土曜日と日曜日に行われた全国電話調査では、岸田文雄首相が率いる自民党に賛成票を投じ、比例代表制に投票すると回答した。

与党に続いて、日本のイノベーション党が7.7%、立憲民主党が7.0%となっている。 それでも、34.2%がどちらの政党に投票するかは未定であり、公式キャンペーンは水曜日に開始される予定です。

有権者は2つの投票用紙を投じます。1つは選挙区代表、もう1つは比例代表です。 自民党とそのジュニア同盟国であるコメトは、現在、参議院の248議席のうち125議席を争っている。

日本の岸田文雄首相は、7月10日の議会選挙に先立ち、2022年6月18日に山形で開かれる与党自民党の会合に出席している。 (京都)==京都


関連する報道:

岸田は日本が原子力潜水艦を買うのを警戒していた


世論調査の大部分である42%は、景気回復とインフレに取り組むための措置が最も重要な問題であると述べ、79.6%は、岸田政権が生活費の上昇を抑えるための適切な措置を講じていなかったと述べた。

COVID-19日本は景気後退から脱却するための努力の真っ只中にありますが、ウクライナ紛争による商品価格の上昇などの課題は、世界第3位の経済を圧迫しています。

最近の24年間の米ドルに対する円安は、消費に圧力をかけ、輸入品の価格を押し上げました。

他の選挙問題の中でも、16.2%が、各党の年金、医療、看護政策に焦点を当てると述べた。

約37.2%が国防予算を国のGDPの2%に引き上げることに賛成し、31.5%が支出を変更する必要はないと述べた。

中国の軍事的安定の高まりと北朝鮮のミサイルと核の脅威に直面して、自民党は北大西洋条約機構の国々のGDP目標以上のGDPに防衛予算を引き上げたいと考えています。

平和主義憲法の下では、国の独占的な防衛政策により、予算はGDPの約1パーセントに制限されています。

世論調査はまた、47.5パーセントが岸田のリーダーシップの下で憲法を改正することを支持していることを示しています。 自民党の改正案には、憲法をめぐる議論に終止符を打つための自衛隊への言及が含まれていた。

エピデミックに対する政府の対応によると、63.7%が政府の対応が適切であると感じ、32.9%が不満を持っていた。

公明党は6.2%の支持を受け、続いて日本の共産党が3.7%、反体制派のレバ・シンチェングミが1.8%、人民民主党が1.4%の支持を得た。

調査は、固定電話で有権者がいる約650世帯と2,363人の携帯電話ユーザーを対象とし、それぞれ500件と740件の回答を受け取りました。

READ  日本の訪問者は2019年4月に95%減少し、小規模なツアーが間もなく開始されます