Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の久恒選手が全仏オープンでまさかの優勝

日本の久恒選手が全仏オープンでまさかの優勝

久恒涼は日曜日の全仏オープンでバックナインを決めて優勝し、DPワールド・ヨーロピアン・ツアーで優勝した3人目の日本人ゴルファーとなった。

ルーキーシーズンの21歳は、一晩で首位に4打差をつけられており、優勝争いから脱落しているように見えた。

しかし、5つのバーディのおかげで30位から素晴らしい9バックを記録し、最終日は66をマークし、ル・ゴルフ・ナショナルで14アンダーで終了する契約を結んだ。

この歴史的勝利の後、彼は「明日日本に帰る。今からビジネスクラスにアップグレードしようかな」と冗談を言った。

さらに、「今日は自信があったし、幸運にも恵まれた。

「ディフェンスラインのスコアのことは考えず、ただゴルフに集中した」。

英国人選手のジョーダン・スミスとデーン・ジェフ・ウィンターが2打差の2位タイとなった。

もう一人のデンマーク人、ラスムス・フーガードは11アンダーで、オーストリアのルーカス・ネメッチと、地元の人気選手ジュリアン・ブルン、日本の比嘉一貴、韓国のトム・キム、ドイツのヤニク・ボルの2人を1ポイント上回った。

ヨーロピアンツアーのカードを受け取ってからまだ12か月も経っていない久恒は、1983年のヨーロピアンオープンで日本人初のDPワールドツアー優勝者となった青木功や、2016年のWGC-HSBCチャンピオンズで2021年のタイトルを獲得した松山英樹を模倣している。オーガスタのマスターズ。

ル ゴルフ ナショナルは、2024 年パリ大会のオリンピック ゴルフ トーナメントの会場です。

READ  今日の株式市場:ダウ、2021年4月30日のS&Pライブアップデート