Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の地震後、他の仕事を許可された外国人インターンはわずか45人だった

日本の地震後、他の仕事を許可された外国人インターンはわずか45人だった

緊急措置が開始されてから約1か月後、中部地方で発生した大地震の影響を受けた外国人実習生はわずか45人だったが、割り当てられた職場以外で働くことを許可されたと入国管理当局が日曜日に明らかにした。

外国人技能実習生支援団体は、出入国在留管理庁の取り組みが実務家にまだ広く知られておらず、免除を利用できる外国人がもっと必要だと指摘した。 雇用主は3ヶ月間。

石川県の支援団体によると、多くの実践者は団体に通報するまで異例の活動を知らなかったとしている。 複数のコーチは共同通信に対し、そのような行為は聞いたことがない、と語った。

同州では、最も被害が大きかった6つの自治体に約670人の外国人技能実習生が住んでいる。 元旦に能登半島とその周辺を襲ったマグニチュード7.6の地震による被害で、この地域の多くの商店が営業を停止した。

2024年2月14日、石川県能登市のホステルで日本語を学ぶインドネシア人研修生。 (エディトリアル使用のみ)(京都)

アルバイト措置は通常、国内の留学生が申請するが、被災地の状況を踏まえ、技能実習生にも初回災害対応特例として同様の措置を適用する。 地元企業からの需要。

入国管理局は、こうした活動への申請は限られた数に達しており、研修生に選択肢を与えていると述べた。

外国人実習生の受け入れ企業を仲介する監視機関の関係者は「すぐに受け入れてくれる雇用主を見つけるのは難しい」と述べ、この問題への対応には省庁間の連携の必要性を強調した。 。

今回の特例措置の対象となったのは、昨年6月時点で約1万5千人の開業医が暮らす新潟、富山、石川、福井の47市町村。

与えられた仕事以外で働くことを許可されている45人のインターン生の多くは、石川県と富山県に住んでいます。

日本政府は、発展途上国への技能移転を目的として1993年に設立され物議を醸した外国人向け研修プログラムを、新たなプログラムに置き換えたいと考えている。 権利保護を強化し、転職の柔軟性を高め、より厳格な監督を実施することを目的としている。


関連報道:

政府はさらに1000億円を延長する。 中部地震義援金として円

外国人消防士たちは日本政府の官僚的な煙幕に阻まれた

中部地震から1カ月で1万4000人以上が避難


READ  日本の自動車販売は減少しているが、供給障壁が緩和されているため、ペースは遅い