Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場ムードが3年半ぶりの高値に上昇-ロイター短観

ロイター短観の世論調査によると、日本の製造業者の信頼感は8月に3年半以上の高値を記録し、サービス部門のセンチメントは好転し、経済がCOVID-19の低迷から負担をシフトしていることを示唆しています。

四半期ごとの短観調査を綿密に監視している日本銀行(BOJ)を追跡する月次調査では、製造業者のムードは3か月以内に好調を維持しながらわずかに落ち込み、サービス部門の感情はさらに回復することがわかりました。

調査は今週のGDPレポートに続き、世界で3番目に大きい経済がここの4月から6月の期間に毎年1.3%成長したことを示しました。これは、堅調な輸出と予想以上の消費のおかげです。

252社が匿名を条件に回答した503の大中規模企業のロイター調査で、マネージャーは、ハイテクなどの製品に対する強い外国の需要により、プレコロナウイルスレベルへの需要の回復について楽観的であると表明した。品。

「半導体市場は活況を呈しており、関連材料の需要は旺盛です」とセラミックメーカーのマネージャーは調査で述べ、その工業製品と自動車部品事業はそれから恩恵を受けていると付け加えました。

8月4〜16日の世論調査では、ロイター短観製造業者信頼感指数が2018年1月以来の最高レベルである7月の25から33に上昇した。サービス指数は前月のマイナス3から5に上昇し、昨年2月以来の最高レベルとなった。年。 (結果の詳細な表については、ここをクリックしてください)

しかし、一部の管理者は、ウイルスの不確実性、原材料コストの上昇の影響、および現在人口の60%近くをカバーしている日本の一部での非常事態の長期化について懸念を表明しました。

化学メーカーのマネージャーは調査で、「原材料価格は世界的に上昇しており、見通しについては不確実性がある」と述べた。

ロイター短観調査によると、11月の製造業の信頼度は31に低下し、サービス業の企業の信頼度は13に上昇すると予想されています。

「コロナウイルスを考えると、状態は悪くないが、予想されたレベルでもない」と食品製造会社のマネージャーは語った。

7月に発表された日本銀行の短観事業調査によると、企業の信頼感は2年半ぶりの高水準に改善し、サービス部門のセンチメントは5四半期ぶりにプラスに転じました。

ロイター短観指数の測定値は、状態が良いと答えた回答者から、状態が悪いと答えた回答者の割合を差し引いて計算されます。 肯定的な読み方は、悲観論者よりも楽観主義者の方が多いことを意味します。

(Daniel Losinkによる報告)SamHolmesによる編集

READ  日本のエレクトロニクスチェーンノジマはスルガ銀行とのパートナーシップを終了します