Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の工場生産はさらなる暗さの中で減少

東京

水曜日の政府統計は、先月の日本の鉱工業生産が新型コロナウイルス感染症パンデミック以来最大の減少幅となったことを示し、2023年後半に景気後退入りした世界第4位の経済国が経験した暗さをさらに悪化させた。

カテゴリ=”レビュー”>

1月の工場と鉱山の生産量は前月比7.5%減少し、前月比ではコロナウイルスで世界経済が停止した2020年5月以来最大の減少となった。

ムーディーズ・アナリティクスの首席エコノミスト、ステファン・アンジェレク氏は「多くの人は、1月の結果が低迷したのは、元日に日本の本島北西部を襲った能登半島地震のせいだと考えるだろう」と述べた。

同氏は「日本の大手自動車メーカーが子会社の1つで生産を停止すると発表した12月末までに、1月の景気見通しはすでに悪化していた」と付け加えた。

トヨタの子会社である小型車専門会社ダイハツは、恥ずかしい安全性試験スキャンダルのため、12月下旬から数週間にわたって現地生産を停止した。

日本は、241人が死亡し、石川県の一部が破壊された1月1日のマグニチュード7.5の地震によって破壊された地域の再建に17億ドルを費やしている。

カテゴリ=”レビュー”>

1月の生産統計は、日本銀行が経済への衝撃を最小限に抑えようとしながら、長年の超緩和政策から脱却していく過程で行き詰まりを引き起こす可能性もある。

アンジェレク氏は「弱い指標により、一連の期待外れの統計発表がさらに重なり、日銀の金融緩和の反転は困難になるだろう」と述べた。

「全体として、日本経済の見通しは信じられないほど脆弱に見える。」

READ  海上保安庁職員5名死亡、日航機墜落