Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の憲法改正提唱者による戦争協定の放棄:調査





この2021年8月24日の写真では、埼玉県にあるASDFのイルマ基地から離陸する前に、航空自衛隊のC-130輸送機が見られ、アフガニスタンから日本企業のために働いている日本人と地元住民を避難させています。 。 (毎日/丸山浩)

東京発――7月10日の自民党(自民党)のジュニア同盟国であるコミト選挙で当選した人の約7割が、日本国憲法第9条の改正に反対した。 チンパンジーの国勢調査。 これは、自衛隊と保守的な反対派である日本維新の会(日本維新の会)とはまったく対照的であり、メンバーの約90%が自衛隊を休戦協定に含めるべきだと回答した。

参議院の結果を受けて、毎日新聞は7月11日に全候補者の世論調査を行い、当選者の回答を検討した。 選ばれた125人の出場者のうち、121人が回答した。 自民党、公明党、日本維新の会、国民民主党(DPFP)の憲法改正に賛成する4党は、過半数の3分の2、少なくとも166議席を占める。 憲法改正案を提案する必要がありますが、改正案の陣営内ではギャップが大きいままです。

第9条の改正については、自民党の勝者の87%、日本維新の会の勝者の92%、DPFPのメンバーの40%が自衛隊を含めたいと述べ、公明党の勝者の69%が第9条の変更に反対したと答えた。 公明党だけが選出され、4党はそのような修正を望んでいないと述べた。 一方、日本最大の野党である憲法民主党の94%が憲法改正に反対し、共産党、社会民主党、リヴァ新撰組の勝者全員が憲法改正に反対した。

委員会は、大規模な災害を見越して最高裁判所に緊急規定を設けることに関して異なる立場をとっています。 自民党の78%、日本派の92%、民主党の40%が、この条項は内閣にもっと力を与え、国会議員の任期延長を認めるべきだと述べ、公明党員の38%は「いいえ」と述べた。 緊急法を制定するために憲法を改正しなければならない」と述べた。

公明党の勝者の31%が緊急ルールの確立に賛成し、その全員が「1回の延長のみが許可されるべきである」と回答した。 公明党議員は、国会の承認なしに、内閣が通常法と同じ権限で「緊急命令」を発令できるという条項を憲法に盛り込むことを検討しているが、公明党議員はそのような条項に警戒している。 それは人々の権利を制限する可能性のある恣意的な行動の危険を冒します。

(日本語原文:東京市ニュース部青島健、世論調査室佐藤子)

READ  日銀の政策立案者は、日本の回復の遅れと中国の危険性について警告している