Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の科学者たちは「やおい」の男の顔を再現しました

日本の研究者たちは、西日本の鳥取県のある場所で見つかった人間の骨のDNA分析に基づいて、古代人の顔の特徴を再現しました。

ようよい時代には、紀元前2世紀にさかのぼる多くの人骨が戸取市の綾神地の遺跡で発掘されました。

古代の人間の脳は3つの頭蓋骨で発見されました。 これは日本で最初のそのような発明です。

国立科学博物館やその他の機関の研究者は、骨サンプルから抽出されたDNAの広範な分析を実施しました。

彼らは、保存状態の良い脳を持つ人間の遺体の1つから収集された遺伝情報を使用して、ヨーヨー時代の男性の顔を再現しました。

研究チームによると、八尾代の男は日本列島に住む縄文人と父方の接触があった可能性があり、彼の母方はアジア大陸から来たとのことです。 彼らはその男が痩せていて太い髪をしていたと言います。

地元の施設で再現された顔画像がインターネット上で話題になり、鳥取県当局はヤウマンに似た人を募集する全国キャンペーンを開始するよう促した。

関係者によると、候補リストに載っている10人の同一人物が、架空の弥生王国の最初の市民として登録されます。

ファイナリストは来年5月に鳥取の古遺跡見学に招待され、出演コンテストに参加します。

鳥取知事のヒロイ・シンジ氏は、多くの人にアヨカミジのサイトに行って、日本人のルーツについて考えてもらいたいと言っています。

READ  マツダが日本で新しいロータリー電気特許を申請