Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の製薬会社の健康補助食品摂取で26人が入院

日本の製薬会社の健康補助食品摂取で26人が入院

大阪に本拠を置く製薬会社は月曜日、小林製薬製の栄養補助食品を摂取した後に少なくとも26人が入院したが、腎臓疾患やその他の健康上の問題が報告されたため回収されたと発表した。

同社は先週、紅麹を含むさまざまな製品の栄養補助食品を摂取した後に13人が健康問題を発症し、このうち6人が入院、7人が外来で治療を受けていると発表した。 うち1人は透析を受けていた。

製薬会社は、この問題に関して設置された電話相談窓口を通じて、日曜までにさらに20人が入院したことを確認した。

提供された画像は、健康上の問題により他の4製品とともに回収された小林製薬のベネこうじを含む栄養補助食品を示しています。 (共同)

同社は「紅麹コレステ補助剤」約30万パックを含む5製品を自主回収しており、このうち同社は2021年2月に店頭に並んでから2月までに約106万パックを販売した。

同社は、金型に由来する未知の成分が問題の原因ではないかと推測している。 報告されている顕著な症状には、腎臓機能の低下に加えて、腫れや疲労感が含まれます。

同社は当該商品以外にも、国内外の食品・飲料メーカーや卸売業者など52社に食品素材としてベネコウジを提供していた。

台湾の公衆衛生当局は月曜日、台湾自治島の2社が問題の栄養補助食品に使用されているものと同じベネコウジ成分を輸入していたと発表した。

2023年には16.1トンの紅こうじが販売され、このうち6.9トンが栄養補助食品などに使用された。 小林製薬は、この6.9トンの一部に問題の有害成分が含まれている可能性があるとしている。

西日本に拠点を置く同社は、成分表に「紅麹」を含む製品を市場から削除するよう企業に呼び掛けている。

台湾の衛生福利部は両社に対し、これらの成分を含む製品の回収を命じた。

日本の製薬会社は、1月に医師から製品に関連した健康上の問題を抱えた患者の事例があるとの通報を受け、独自の調査を開始した。

同社によると、紅麹米が生成する有毒代謝物であるシトリニンは製品から検出されなかったという。

ベネこうじ製品は、「悪玉」コレステロールとして知られるLDLコレステロールのレベルを下げる効果が期待されていました。

READ  太陽は強烈なカテゴリ X の太陽フレアを解き放ち、さらに多くの太陽フレアが発生します