Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の農家と大阪の大都市の人々をつなぐ仮想いちご狩りイベント

徳島県東みよし町発-標高約1,000メートルのいちご温室と大阪の南レクリエーション地区にある商業施設「なんばスカイオ」を結ぶバーチャルいちご狩りイベントが6月下旬に開催されました。

このオンラインイベントは、コロナウイルスの大流行の中で、物理的な集まりや州の国境を越えた旅行が困難なままである一方で、都市部の人々が自然の中で時間を楽しむことができるようにすることを目的としています。 参加した子供連れの家族を含む18人の8つのグループは、楽しい時間を過ごしたようです。

いちごの仮想収穫は、その自然と地元の食材を宣伝したい東みよし町と、東京を拠点に遠隔試験システムを開発している東番との協力により行われました。 同社は2020年に長野県と大阪府を結ぶ同様のりんご狩りイベントを開催した。



2021年6月26日、徳島県東みよし町で、イベント参加者が遠隔地で選んだいちご農家の上田剛士がいちごを摘み取ります。(メインイチ/美濃正博)

市の上田いちご農園長の上田剛士さん(51)が参加した。 上田さんのスマートサングラスから放映された温室の映像が、お好みのいちごを選ぶことにした大阪の参加者にタブレットで見せられました。 その日、上田さんが摘み取ったいちごが参加者に届けられました。

イベント期間中、上田さんはこの地域で栽培されているサマーアミーゴの品種について説明し、市当局は地元の魔法のポイントを紹介しました。 会議に参加した大阪府岬町の夫婦は、「遠くからいちごを摘むのは初めてで、何も生きていないような気がした。意外とリアルに感じた」と語った。

「このシステムは、遠隔農業を教えるためにも使用できる」と上田氏は毎日新聞に語った。

(徳島県美濃正博による日本語原作)

READ  周恩来についての新しい子供向け映画は、今日の中国について多くを明らかにする