Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の首相は、「良い」成長を達成するためのインセンティブパッケージを作成していると述べています

日本の岸田文雄首相は、2021年11月2日にスコットランドのグラスゴーで開催される国連気候変動会議(COP26)で講演する予定です。 ロイター/ハンナマッケイ/プール

  • 首相は、成長と富の共有の好循環を達成することを誓います
  • 11月19日の一般的な経済刺激策は、規模と内容が「適切」である
  • 政府は、「ポリシーミックス」パネルを実証するために日銀と緊密に協力する必要があります

東京、11月9日(ロイター)-日本の岸田文雄首相は火曜日、経済成長と富の分配の「慈悲深いサイクル」を達成するために民間部門の投資と可処分所得を増やすことによって経済を軌道に乗せることを誓った。

先月首相に就任し、10月31日の選挙で任務を受けた岸田文雄は、「十分な」サイズと素材の経済パッケージを提供することを約束した。

岸田文雄首相は、政府の最高諮問機関である金融政策決定会合(CEFP)と会談した後、「官民が協力して、成長と(富の)分配のより良いサイクルを達成できるようにする」と述べた。

COVID-19の経済刺激策は、11月19日に発表されることが広く期待されており、メディアの報道によると、このパッケージは30兆円(2646.7億ドル)の価値がある可能性があります。

岸田文雄は規模については何も示さなかったが、金融改革は後日まで待つかもしれないが、彼の当面の優先成長を更新することを主張した。

「中期的には成長を実現し、着実に財政を改善していきます」と岸田文雄は語った。

CEFPの11名のメンバーには、黒田東彦日銀総裁、4名の民間企業の代表者および学者、首相およびその内閣のメンバーが含まれます。

会合は、政府と日本銀行(日銀)が先週中央銀行の2%インフレ目標へのコミットメントを再確認した後、緊密に協力する必要性を強調した。

岸田氏は、日本の医療システムを再構築し、ブースターショットを提供して、次のCOVID-19感染に直面したほうがよいようにすることを目指していると述べた。 彼の前任者であるYoshihitSukaは、流行に対する政府の対応に対する批判が続く中、1年の任期を経て辞任した。

別の会合で、岸田文雄は記者団に対し、政府は介護者、看護師、幼稚園、保育士の事前積立金を増やすために必要な措置を講じると述べた、と山木場経済相は記者団に語った。

($ 1 = 113.3500円)

田中哲司による報告; GondoroGomiaとGondoroSukiyamaの追加レポート。 SimonCameron-Mooreによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  NS。 日本の韓国第2外交官が不正行為のために家を注文した