Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のGDPはドイツに後れをとって世界第4位になる可能性が高い

日本のGDPはドイツに後れをとって世界第4位になる可能性が高い

ドイツ経済は昨年、名目で6%以上成長し、日本を追い越して世界第3位の経済大国になる可能性が高まっている。

ドイツ政府は月曜日、2023年の国内総生産(GDP)が前年比6.3%増の4兆1000億ユーロ(約4兆5000億ドル)を超えたと発表した。

9月までの9カ月間の日本の名目GDPは3兆ドル近くだった。

日本経済が2023年を通じてドルベースでドイツ経済を上回るためには、10~12月期の四半期GDPが約190兆円に達する必要がある。
2022年最終四半期の日本の名目GDPは約147兆円に達した。 したがって、日本の2023年のGDPがドイツを超える可能性は低い。

ドルに対して円が安くなるということは、通貨換算により日本のGDPがドルで安くなるということを意味します。 一方、ドイツのGDPは物価上昇のおかげで増加した。

IMFは1980年に経済を比較するデータの公表を開始し、その時初めて日本のドル換算の名目GDPが米国に次ぐ第2位であると発表した。

中国経済は 2010 年に日本経済を追い抜きました。それ以来、日本経済は第 3 位を維持していますが、米国や中国の経済には大きく遅れをとっています。

現在、国際通貨基金は、昨年のドイツの名目GDPが日本を上回り、世界第3位にランクされたと推定している。

調査・コンサルティング会社三菱UFJの首席エコノミスト、小林新城氏は、名目GDPは物価を反映しており、国民感情に近いと指摘する。

また、物価や為替レートの影響で日本の順位が下がった場合、それは経済成長が停滞していることを示していると付け加えた。

日本の昨年通年のGDP速報値は2月15日に発表される予定。

READ  日本への団体旅行の費用は、2024 年の第 1 四半期に 30 ~ 40% 上昇すると予想されています