Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、リスクのある高齢者グループ向けに4回目のCOVIDワクチン接種を開始

日本は水曜日に、高齢者と基本的な病状のある人に4番目のコロナウイルスワクチンの提供を開始しました。

4番目のワクチンの対象となる60歳以上の人、および18〜59歳の人は、呼吸器疾患や心臓病を患っている場合、またはコロナウイルスに感染している場合、重度のCOVID-19症状を発症するリスクが高くなります。 保健省へ。

同省は、3回目のワクチン接種後少なくとも5か月で追加接種を受けることを推奨しています。 ほとんどの高齢者は1月に3ショットを取得し始めました。つまり、6月から4ラウンドのショットが本格化すると予想されます。

2022年5月25日に撮影された写真は、東京の施設で撮影されたCOVID-19ブースターショットを示しています。ここでは、首都の60歳以上で慢性疾患に苦しむ人々に4回目のワクチンが接種されました。 (京都)

予防接種の切符の入手方法は、住民の地方自治体によって異なります。また、資格のある人に直接送られる切符もあれば、申請が必要な切符もあります。

厚生労働省は、適格性を確保し、混乱を避けるために、地方自治体をチェックし、公の発表に注意を払うように国民に要請します。

外国の研究によると、4回目のワクチン接種により、60歳以上の人々の重度のCovit-19症状の発症を一定期間防ぐことができます。

ただし、研究では、その年齢未満の人のパフォーマンスに関する十分なデータは示されていません。

政府関係者は、「より多くの情報を収集する際に検討を続ける」と述べ、適格者の範囲を拡大する可能性について触れた。


関連する報道:

7観光が再開する前の米国の土地から日本への最初のテストツアー

注意:日本が外国人観光客を歓迎することを躊躇しているため、企業は困惑していた。

毎日2万カ国を訪問する日本は、コビットの国境管理を容易にします


READ  コンテナ船の危機は日本の鶏肉とワイン愛好家を噛んでいます