Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は「グリーン」GDP指数で前進することを強く求めます-ドラフト

ロイターが見た年次経済政策の草案は、日本が温室効果ガス排出の抑制における国の進歩を反映する新しい「グリーン」GDP指標で前進することを提唱することを計画していることを示した。

長期政策概要案は、政府が原子力発電所の安全な再稼働を進めることに言及することを示した。

東京は、2030年に2013年のレベルと比較して46%の炭素排出量を削減することを約束しました。そのためには、脱炭素化に向けた大きな推進力が必要です。

ポリシーの概要では、電気自動車のバッテリー生産を拡大し、充電ステーションを増設し、水素ステーションを増設することを求めています。

ドラフトは、政府が2035年までに電気自動車がすべての新車販売を占めるようにするという目標を追求していることを示しました。

岸田文雄首相の下で政府の政策概要が最初にまとめられ、将来の経済政策立案の基礎となる。 来月初めに閣僚会議の承認を得て完成する予定です。

岸田文雄は先週、カーボンニュートラル社会への投資を支援するために、推定20兆円(1,570億ドル)の「グリーントランジション」債を発行する計画を打ち出した。

日本の首相は、カーボンニュートラルな社会を実現するためには、今後10年間で少なくとも150兆円の官民共同投資が必要になると述べた。

(ドル= 127.4600円)

READ  米国の雇用報告後、収益が急増、株価が変動