Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はウクライナの農業セクターの支援と退役軍人の訓練に関心がある

日本のパートナーはウクライナの農業セクターを支援し退役軍人を訓練するプロジェクトへの関心を確認しており、両国の関連チームはこれらの意図を実現する方法を見つけるために協力していると国有財産基金の責任者ヴィタリー・コヴァル氏が訪問後に述べた。 。 東京での経済発展・復興会議に出席したデニス・シュミハル首相率いるウクライナ代表団。

同基金の声明によると、同基金の責任者は同庁の主な業務内容、日本企業への投資提案、SPFUチームの新プロジェクト、つまり認可された不動産や立ち上げ予定の土地銀行との連携について語ったという。今年の終わりに。

最後のプロジェクトに関して、基金の所長は日本の農林水産省の代表者と別の会合を開き、SPFUは38万6千ヘクタールの農地を管理しており、これはウクライナ経済とウクライナの利益のために機能するはずである。ウクライナ経済に利益をもたらします。 政府予算。

コヴァル氏によると、この会議では、最大200馬力の自動機械に対するウクライナの農民のニーズが非常に高く、世界のリーダーがウクライナの農業セクターに日本の投資家を誘致すること、特にその設備の利用について話し合ったという。この装置の生産は日本に集中しています。

「Ukragroleasingはここで彼らのパートナーになることができる。同社はSPFUによって管理されており、機器のレンタルを支援することができる」とファンドの責任者は述べた。

同氏はまた、外国パートナーに対し、国全体にとって最も重要な仕事分野の一つである退役軍人の再訓練と訓練、つまり農業機械の管理とメンテナンスに注意を払うよう呼び掛けた。

コヴァル氏は、国有財産基金は訓練を支援するために必要な能力を備えていると述べた。訓練はSPFUと提携する訓練センターで実施でき、これらの施設は日本の農業機械のオペレーターやサービスエンジニアのための訓練センターとなるだろう。

訪問中、ウクライナ代表団は両国経済の多くの分野での協力に関連する56の文書に署名したと伝えられている。

日本、SPFU

READ  日銀の調査で製造業は景気に楽観的であることが判明