Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は今シーズンの最初の鳥インフルエンザが広がり、1,43,000羽の鶏が死亡したと述べています

2020年11月8日に京都で撮影されたこの写真では、鳥インフルエンザが疑われる西日本の日鹿川の養鶏場を保護服の警官が訪れています。 京都/ロイター経由の強制融資

東京、11月10日(ロイター)-日本の北東部の養鶏場は、2021年の冬に鳥インフルエンザの最初の発生が確認され、「非常に伝染性の鳥インフルエンザ」の存在が確認された、農業省言った。 水曜日に。

同省はウェブサイトの声明で、秋田県横濤市の農場で約143,000羽の産卵鶏が屠殺されており、敷地から最大10 km(6.2マイル)の制限区域があると述べた。

同省は、「現在の日本の状況では、鶏が先か卵が先かということで鳥インフルエンザが人に感染する可能性はないと考えている」と述べた。

しかし、今年の中国での鳥インフルエンザの症例数の増加は、特に世界がCOVID-19の流行からゆっくりと回復しているため、疫学者の間で懸念を引き起こしています。

中国は、2021年に鳥インフルエンザのH5N6サブタイプによる21人のヒト感染を報告しましたが、昨年は5人でしたが、6人が死亡し、さらに多くの深刻な病気が発生しました。 続きを読む

鳥インフルエンザの発生は、ここ数日および数週間でヨーロッパで報告されており、ポーランドの農場が流行の最新のホットスポットであり、合計65万羽の鶏がいます。 続きを読む

昨年の冬、日本の冬の熱の最悪の季節はまだ農場であり、300万羽以上の鶏が破壊され、国の州の4分の1が影響を受けました。 続きを読む

農業省によると、日本には約1億8500万羽の産卵鶏と1億3800万羽のブロイラーの群れがあります。

アーロンシェルドリックレポート; 黄心穎の編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  一緒に炒めますか? 残念-KFCは日本でジャガイモを使い果たし、フライドポテトの販売を停止しました