Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は最初の核融合発電所の建設を目指しています

東京(京都)-二酸化炭素を放出せずにエネルギーを生産する技術が注目されているため、西日本は核融合によって発電する国内初の試験プラントを建設することを計画しています。

京都府宇治市に本拠を置くスタートアップの京都フュージョニアリング株式会社は、今後5年以内に工場の操業を開始することを目指しており、すでにある程度の資金を調達し、工場の設計を開始していると、CEOの長尾隆氏は共同通信に最近語った。 インタビュー。

試験プラントには、熱交換器とタービンが装備され、熱エネルギーを生成して少量の電力を生成する炉に加えて、数十キロワットの生産能力があると同社は述べた。

核融合反応の可能性を示す原子炉は国内外にありますが、「地球規模でも実際に発電するプラントはまれです」と名護氏は語った。

このイニシアチブは、京都大学によって設立された投資会社によって部分的に資金提供され、ナコの教授である小西聡と京都大学のアドバンスドエナジー研究所のリーダーシップの下で2019年に開始されました。

同社は、核融合炉用の装置を製造しており、炉内で発生する1億℃の温度の熱を、主要な装置を含めて効果的に貯蔵します。 プラントを使用して、デバイスの開発用のデータを収集する予定です。

このプロジェクトに数十億円を投資することを目指して、このイニシアチブはすでに国営の産業革新機構を含む投資ファンドから13億円を調達している。 また、MUFG銀行などのメガバンクからの借り入れも予定しています。

このイニシアチブは、将来、連邦政府や地方自治体と交渉され、プラントの建設現場を含む詳細を分割する予定です。

核融合発電は、原子核を組み合わせて生成されたエネルギーを電気に変換します。 核分裂連鎖反応を伴う原子力発電とは異なり、核融合プロセスは安全であると考えられており、原子力発電所などの高活性核廃棄物を生成しないと専門家は述べています。

フュージョンエナジーは、昨年、マイクロソフトコーポレーションの共同創設者であるビルゲイツとグーグルから、米国の核融合スタートアップであるコモンウェルスフュージョンシステムズから投資を受けたため、最近世界的な注目を集めています。

日本政府は、地球温暖化と戦うためのクリーンエネルギーを節約する手段として、核融合エネルギーの研究開発を推進しています。 この措置への支援を改善するために、将来的に専門家パネルを設置する予定です。

READ  日本南西部で火山が噴火し、怪我はありませんでした