Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は東京の病院にもっと多くのCOVID-19患者を受け入れるように求めています

2020年5月4日、東京南部の聖マリアンナ医科大学病院のコロナウイルス病患者の集中治療室(ICU)で、個人用保護具(PPE)を着用した救急隊員が働いています。 ロイター/加藤一世

東京、8月23日(ロイター)-日本政府と東京都は月曜日、感染症が増加しており、治療が困難になっているため、首都の病院にKovit-19患者の追加を認めるよう訴えた。

菅義偉首相に対する政府の政府の対応と有権者の支持の弱体化は、東京の病院に入院したコロナ患者が10人未満であるため、国民の不満を引き起こしました。 続きを読む

小池百合子東京都知事と立候補した田村憲久保健相は、「デルタ型の最強の流行は、これまでの流行に匹敵するものではない」と述べた。

「コロナウイルス患者の病床を保護するために、医学界からのさらなる支援を期待しています。」

田村氏によると、国が感染症対策法に基づいてこのような要請を出したのはこれが初めてだという。

京都通信社は、政府が感染症の減少の兆候なしに、緊急措置の対象となる地域の拡大を検討していると報告している。 現在、東京を含む13州で緊急対策が実施されています。

日本では感染数が毎日の記録を打ち立てており、ワクチン接種を受けた人が増えたため、1日あたりの死亡者数は5月18日に報告された216人の死亡者の4分の1未満です。

日曜日に、NHKは日本で22,302の政府-19のケースと24の死を報告しました。

竹中清による報告

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  「豊富な才能」を見て、安倍首相は日本の首相候補のリストを浮かび上がらせる