Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本代表が「過去10年」宣伝のため訪韓

日本代表が「過去10年」宣伝のため訪韓

月曜日、ソウル中心部龍山のCGで行われた映画『ザ・ラスト・テン・イヤーズ』の記者会見で写真を撮る日本の俳優、坂口健太郎さん(左)と小松菜奈さん。 [NEWS1]

日本の俳優、小松菜奈と坂口健太郎が月曜日、新作映画『The Last Ten Years』のプロモーションのため韓国を訪問し、韓日関係の更なる豊かさへの期待を表明した。

「The Last Ten Years」は、小松演じるマツリという女性が難病に侵され、医師から余命10年と宣告される物語。 彼女は残りの人生は恋をしないと誓うが、旧友の和人に出会い関係を持ち、過去10年間を受け入れなければならないという感情の混乱を乗り越える。

「The Last Ten Years」は昨年3月に日本で公開され、今年5月24日に韓国でもついに公開された。 この映画は日本で230万人以上の観客を動員し、昨年第1四半期の日本の興行収入でトップの座を獲得した。

「The Last 10 Years」のメジャーレーベル [NK CONTENTS]

「The Last 10 Years」のメジャーレーベル [NK CONTENTS]

小松監督は月曜日、ソウル中心部龍山のCGで行われた「過去10年」と題した記者会見で、「日本だけでなく、韓国を含む海外でも私たちの映画を上映できることを光栄に思う」と語った。 「多くの韓国の観客と会う機会がありましたが、彼らは私たちの映画について非常に興奮し、率直に語ってくれました。」

坂口さんは記者会見で「ここに来る前、韓国の視聴者が『The Last Ten Years』にどう反応するか不安だったが、韓国の視聴者からたくさんのポジティブなエネルギーをもらったような気がする」と語った。

小松氏と坂口氏はまた、ストリーミングサービスや新しいタイプのコンテンツの出現に伴い、韓国と日本の映画産業の協力が増加する可能性についても語った。

イム・ジョンウォン著 [[email protected]]

READ  フィルムタイプ別、素材別、世界の電子フィルム市場