Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本経済は不況から脱却し始める:CPIは2.2%に低下

日本経済は不況から脱却し始める:CPIは2.2%に低下

日本銀行(日銀)は、持続可能なインフレ率2%を維持しながら、世界第4位の経済大国のデフレと不況を解消することを目的とした超緩和的な金融刺激策を継続した。

生鮮食品の価格を除いた日本の消費者物価指数は、内務省が3月に前年比2.6%の物価上昇を発表したことを受けて下落した。 25カ月連続で日銀の目標2%を上回った。

金曜日に発表された統計は市場心理と一致しており、円安により日本の輸入価格が上昇し続ける中で発表された。

日本の物価上昇は、最近非常に高いインフレ率に苦しんでいる米国や他の主要経済国に比べて緩やかでした。

マイナス金利の撤廃

日本銀行は3月に世界最後のマイナス金利を廃止し、インフレ目標を達成したこともあり、2007年以来初めて借入コストを引き上げた。

世界最大の中央銀行の一つである連邦準備制度は、他の主要銀行よりもはるかに高い金利を設定しており、この大きな差が円にさらなる圧力をかけています。

エネルギーと生鮮食品を除くと、4月の価格は2.4%上昇し、市場予想と一致したが、3月の2.9%からは低下した。

日本円の暴落

最近、日本円は米ドルと比較して、過去 30 年間で見られなかった水準まで下落しました。 円安は日本の輸出業者や外国人観光客にとっては恩恵があるものの、日本を出国する観光客の輸入費や海外旅行費が増加します。

国の統計の先行指標となる東京のインフレ率は、自治体が教育助成金を出し始めた4月に予想外に低下した。 全国的な措置については、ニッセイ基礎研究所を含むアナリストらは、これらの措置の影響ははるかに小さく、物価上昇率は0.1%以下に抑えられると試算した。

日本銀行総裁発言抜粋

日本銀行の上田和夫総裁は木曜日、今年の経済は悲惨なスタートとなったものの、成長は回復すると見込まれているため、日銀は再利上げ計画を逸脱するつもりはないと述べた。

上田氏はストレーザでのG7金融当局会合に先立ってイタリアで記者団に対し、景気回復の「全体像にはまだ変化はない」と述べた。


READ  日本の投資家はフィリピン経済について楽観的である • アンドレア E. サンフアン