Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本貿易振興機構:中国による水産物禁止との米国のパートナーシップは「これまで以上に重要」

日本貿易振興機構:中国による水産物禁止との米国のパートナーシップは「これまで以上に重要」

今年3月10日から12日まで米国マサチューセッツ州ボストンで開催されるシーフードエキスポ・ノースアメリカには数年前から日本の出展者が参加してきましたが、 中国は最近、日本からの魚介類の輸入を禁止した日本貿易振興機構(ジェトロ)理事・副理事長の中沢勝則氏によると、2024年版のショーは極めて重要だという。

中沢氏は「米国のような重要な市場に注力することがこれまで以上に重要になっている」と述べた。

3月11日、ボストンのシーポート地区にあるウェスティンホテルで開催されたジェスロ主催のイベント「ボストンで日本のシーフードをすべて発見せよ」で、彼はSENA出席者の招待グループと話をした。

中澤氏のほか、ジェスロ・ニューヨーク社長の三浦聡氏、在ボストン日本大使の鈴木幸太郎氏、日本料理「Oka's Japanese Cuisine」総料理長兼オーナーの岡亨氏がゲストスピーカーとして登壇した。

ジェトロはアメリカ全土に6つの事務所を持ち、今年のSENAでより多くのアメリカ人に日本の水産物を紹介するという使命を担っている。 多くのアメリカ人は簡単に識別できますが、 寿司や刺身を探す三浦氏によると、彼らは一般に、日本周辺の海が豊富な「海の幸」を提供していることに気づいていないという。

「日本人は毎日家で寿司を食べるわけではありません」と三浦氏は言う。 「ニューイングランドの人々と同じように、私たちもシーフードをたくさん食べます。」

参加者に日本が提供するさまざまな魚介類を味わってもらおうと、岡さんはホタテ貝、イチゴソース、海苔、ブリのプリを用意した。

ジェトロは、中国の禁輸措置の影響を相殺するために米国での売上が増加することを期待していると中沢氏は述べた。 SENAで生み出された勢いを継続するために、ジェトロは9月4日から6日までシンガポールで開催されるシーフード・エキスポ・アジア(SEA)への初の参加を確認した。

READ  日本に行くには何が必要ですか? 基本は次のとおりです。