Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日米両国は緊張の中で海上安全保障をめぐって中国と対峙している

米国、中国、日本は水曜日の地域サミットで海上安全保障をめぐって争い、ジョー・バイデン米大統領と岸田文雄首相が就任以来初めてオンライン会議に参加した。

東アジアサミットの仮想集会は、最近、南シナ海や東シナ海、台湾海峡など、アジア太平洋地域のいくつかの問題をめぐって米国と中国の間の緊張が高まっている時期に開催されました。

バイデンの会議への参加は、中国が東南アジア諸国連合との関係を強化しようとしている間、米国がこの地域での影響力を回復することに熱心であることを確認した。

バイデンの前任者であり、在任中に4年連続で地域サミットを欠席したドナルド・トランプは、東南アジアへの関心の欠如について批判を集めている。

バイデンは、インド太平洋に対する米国の「永続的な」コミットメントに言及し、規則に基づく国際秩序に対する「脅威」について懸念を表明し、民主主義、人権、法の支配を支援するために同盟国やパートナーと協力することを約束しました。と自由、ホワイトハウスは言った。

米国はパートナーと協力して、貿易円滑化、デジタル経済の基準と技術、サプライチェーンの回復力、クリーンエネルギー、インフラストラクチャ、その他の分野での「共通の目標」を定義する「インド太平洋経済フレームワークの開発」を検討します。言っているように引用されました。

首脳会談後、10月初旬に首相に就任した岸田文雄氏は、南シナ海と東シナ海の海上安全保障に関する日本の「確固たる立場」を他国の指導者に伝えたと記者団に語った。

岸田氏はまた、中国の最西端の新疆ウイグル自治区におけるイスラム教徒のウイグル人少数派に対する中国の人権侵害の問題、香港の自由の抑圧、台湾海峡全体の平和と安定の重要性についても触れたと​​付け加えた。式。 同日、ASEAN関連の一連の首脳会談。

日本の岸田文雄首相は、2021年10月27日に東南アジア諸国連合プラス3の仮想首脳会談に出席する(内閣広報室からの写真)(京堂)

北京は南シナ海のほぼ全域で主権を主張しており、沖合地域に軍事インフラを備えた人工島を急速に建設してきました。

中国の主張は、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムの4つのASEAN加盟国、および世界貿易の3分の1以上が通過する戦略的水路である海上台湾と対立している。

北京はまた、日本が管理する東シナ海の小さな無人島のグループである尖閣諸島を主張している。 中国はしばしば、釣魚島と呼ばれる一連の島の近くに沿岸警備隊の船を送りました。

日本政府によると、会議中にいくつかの国は南シナ海の状況と新疆ウイグル自治区と香港の人権侵害について懸念を表明した。

2月のクーデターで軍がアウンサンスーチー率いる文民政府を倒して以来、政治的混乱が続いているミャンマーの危機は、東アジアサミットの主要な議題の1つであるように思われる。

東アジアサミットには、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムを含むASEANと、オーストラリア、中国、インド、日本、ニュージーランド、ロシア、韓国、南アフリカ諸国。 アメリカ合衆国。

しかし、ミャンマーの軍事指導者は、ASEANの特別使節がスーチーや他の野党の人物と会うことを軍事政権が拒否したため、会議から除外された。

岸田文雄は、人道支援など、ミャンマー情勢への取り組みに意欲を示した。

中国は会議で李克強首相によって代表されました。

台湾に関しては、バイデンは先週遅く、中国が攻撃を開始した場合、米国は民主的で自治的な島を守ることを約束したと述べた。

中国外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン氏は、バイデン氏の発言に迅速に応え、「中国国民の国家主権と領土保全を擁護する強い決意、強い意志、強い能力を過小評価してはならない」と述べた。

中国と台湾は、内戦の結果として1949年に分裂して以来、別々に統治されてきました。

2016年に独立志向の蔡英文が台湾の大統領に就任して以来、関係は悪化している。本土はこの島を分離した州と見なしている。

READ  低炭素技術のハイライトで開かれた日本の主要なエレクトロニクスフェア