Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日経:日本はツイッター、メタ、グーグルが現地記録を維持できない場合、彼らを罰すると脅迫している

日経新聞によると、日本政府は、以下を含む48のテクノロジー企業を罰することを計画している Twitter Inc.、Facebookの所有者 Meta Platforms Company、 そしてその GoogleAlphabetIncの、国内に本部を設立できなかったため。

日本は微調整-詳細

法務省によると、外国企業は3月末までに日本に本社を登録し、6月13日までに本社を設立する必要があるとのことです。 新聞によると、政府はまた、登録期限に従わない場合、企業は罰金を科されると述べた。

日経は、IT企業が日本に本社を登録すれば、ソーシャルメディアでの名誉毀損などの問題が発生した場合に、消費者が訴訟を起こしやすくなると述べた。 政府は、適切な登録が消費者保護にとって重要であると感じています。

クレジット-communicationstoday.co.in
728x90-JA-BENEFIT- SEASON

以下の法律は、外国企業が国内に本社を定期的に登録することを義務付けている日本会社法に準拠しています。 しかし、外国のテクノロジー企業はオンラインでサービスを提供していると主張しており、日本でビジネスを展開する予定はありません。

また、日経平均株価によると、これらの企業は、マーケティング業務を担当する企業など、日本を拠点とする企業の登録を主張しているようです。 また、会社の7,400ドルの修正手数料のため、登録される可能性も低くなります。

2021年に施行された改正通信法によると、総務省と法務省が登録を要請した48社は、すでに事業プロジェクトの通知を掲載している。

いくつかの企業は6月13日の期限に間に合わなかったが、それでも登録する意向を司法省に警告した。 同省は、これらの企業に制裁を課さない方針をとっている。

この状況の背景ストーリー

ほぼ2年前、日本の公正取引委員会(FTC)は、米国とヨーロッパと協力して、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)としても知られるビッグテック企業による市場の乱用を調査すると発表しました。反戦闘調査を取り上げます。さまざまな西側諸国での独占。

日経:日本はツイッター、メタ、グーグルが現地記録を維持できない場合、彼らを罰すると脅迫している
クレジット-nasdaq.com

先月、英国の競争市場局(CMA)は、来年初めまで実施されるGoogleのオンライン広告慣行の調査を開始したと発表しました。

一方、オーストラリアの競争監視機関は3月にメタプラットフォームに対して訴訟を起こし、ソーシャルメディアの巨人がオーストラリアの著名な公人を表す詐欺的な広告を掲載することで「虚偽の、誤解を招く、または欺瞞的な行為」を行ったと主張しました。

さらに、法人税の引き上げへの懸念から、海外のハイテク企業は日本での登録を遅らせています。 これに対処するために、司法省は、日本での代理人の権限が制限された場合に会社の税負担が増加しないことを保証する方法の作成に取り組んでいます。

読む:フィットネス業界はゲームから何を学ぶことができますか?

READ  トッテナム:ハリー・ケインの1億5000万ポンドを利用すれば、ダニエル・レヴィはさらに無謀な無駄遣いをする余裕がない