Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀のタカ派的発言はマイナス金利が間もなく終了する可能性を示唆している

日銀のタカ派的発言はマイナス金利が間もなく終了する可能性を示唆している

  • 上田氏のレトリックの変化はインフレの行き過ぎを反映している
  • 日銀理事会もハト派傾向―10月会合概要
  • 出典:日銀は賃金交渉の妥結を待つ必要はない
  • 上田氏がこれまでのインセンティブを撤廃するには長い道のりがある

[東京(ロイター)] – 日銀はここ一週間、タカ派的な発言を強めており、内部関係者らは、来年実現する可能性のあるマイナス金利の解除に向けて市場を整えていると主張している。 来年の最初の数か月。

日銀の解説の明らかな変更は、円の急激な下落を含むさまざまな問題の原因として非難されている、前任の黒田東彦氏が導入した物議を醸している金融刺激策を廃止するという上田和夫総裁の計画の一環である。

タカ派への傾きは、先月、イールドカーブ・コントロール(YCC)政策を調整することで長期金利の上限を緩和するという日銀の決定を受けてのもので、金融緩和を求めたかに見えた今年の就任直後の上田氏の講演とは対照的である。ポリシー。 黒田の下で刺激は続く。

上田氏は先週、日本は日銀の2%インフレ目標の持続的達成に向けて進展しており、段階的な刺激策の廃止で実質賃金がプラスに転じるまで必ずしも待つ必要はないと述べた。 同行の考え方に詳しい関係筋3人は、悲観的ではないトーンへの転換は意図的だったと述べている。

関係筋の1人は「インフレに関する総裁のコメントはここ数カ月で徐々に変化しており、日銀政策の方向性について非常に良い指針を与えている」と述べた。

別の関係筋は「日銀はおそらく現在、利上げの適切なタイミングを模索している段階にあるだろう」と述べ、別の関係筋もこの見方に同調した。

10年間の大部分で日本を超緩和的な金融設定から脱却させようとする上田氏の取り組みは、脆弱な経済回復にダメージを与え、大規模な市場混乱を引き起こす可能性があるというリスクによって複雑になっている。

しかし、インフレ率が日銀の目標である2%を超え続けているため、この転換に対する経済的正当性が徐々に形になりつつある。

前回の政策会合でYCCを緩和した後、日銀の次の目標は来年初めに短期金利をマイナス領域から脱却することだと関係筋がロイターに語った。

変更の理由

日銀は、来春の企業と労働組合間の賃金交渉が離脱時期を決める鍵になると述べた。 多くの大企業は通常、3月中旬頃に賃金を確定させるため、4月に方針が変更される可能性が高まる。

関係筋によると、日銀は金利目標の持続的な達成が期待できる限り、政策調整のために賃金交渉の妥結を必ずしも待つ必要はないという。

10月の会合での見解をまとめたところ、9人からなる理事会もよりタカ派寄りとなっており、大規模刺激策の段階的廃止を開始する必要性を主張し、将来の超低金利からの脱却の可能性を表明する者もいた。

大和証券のチーフマーケットエコノミストでベテラン日銀ウォッチャーの岩下真理氏は、「日銀が政策正常化に向けた基礎を築き始めたと考えるのは自然だ」と述べた。

最近では、政策審議のためのその他のデータポイントは、12月13日に予定されている日銀の景況感調査「短観」、1月初旬に開催される日銀の地方支店長の集まり、次期政策に関する企業幹部や労働組合のコメントなどから得られる可能性がある。年間の賃金目標。

このため、日銀が四半期物価見通しを見直す1月に政策変更の機会が残されている。

ある関係者は「実際には、確信と確信の問題だ。最終的には判断の問題だ」と語った。

10月の政策調整後、日本経済研究センターが調査したエコノミストのほぼ60%が日銀が4月に政策引き締めを行うと予想し、次いで12%が1月に政策を決定すると予想している。 大半はYCC金利とマイナス金利の両方が終了すると予想している。

長い道

日銀が10月に発表した最新の物価見通しは、インフレ率が2024年3月終了会計年度も一貫して日銀の目標を上回る見通しであることを示しており、最近のコスト主導の利上げは一時的なものであるとの日銀の見解に疑問を投げかけている。

生鮮食品と燃料を除いた「コア」インフレ率の現在の予想は3.8%で、1月の予想より2%ポイント高い。

マイナス金利は4月に終了すると予想している元日銀チーフエコノミストの早川英夫氏は、「これは非常に大きな改定であり、日銀がいかに低めの試算を発表したかを示している」と述べた。

米国の景気後退など、早期離脱を妨げるリスクは数多くある。 上田氏は反動的議員からの批判も避けなければならない。

しかし、日銀もあまり長く待つことはできない。 たとえマイナス金利が終了したとしても、名目短期借入コストは経済を刺激することも冷やすこともない水準を依然として大幅に下回るだろう(アナリストらはこの水準は2%に近いと推定している)。

元日銀理事の木内登英氏は「上田氏の役割は前任者の非伝統的政策を脱却し、短期金利をターゲットとした政策に戻ることだ」と述べた。 「これは彼が5年の任期中に達成しなければならない使命だ。」

(レポート:木原ライカ) 和田貴彦より追加レポート。 サム・ホームズ編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  調査:パンデミックの間、労働者はよりストレスを感じる