Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日銀の政策担当者は、利上げによる円安への対応を否定している

  • 財務相、為替の動きに適切に対応するよう警告 – GG
  • 日銀の足立理事は景気刺激策の撤廃を呼びかける
  • 日銀黒田総裁、急激で一方的な円の動きは経済に悪いと語る
  • 財政政策は為替の動きに対応すべきではない – 日銀足立

[東京 19日 ロイター] – 日銀の政策担当者は19日、32年ぶりの円安を遅らせるために金利を引き上げる可能性を否定し、経済を海外リスクの高まりから守るには金融政策を緩和しすぎる必要があると強調した。 安値。

時事通信によると、鈴木俊一財務相は政府が「適切に対応する」と述べ、過度の円切り下げに対して投資家に警告した。

水曜日のスピーチで、日銀の足立誠司理事は、日本経済、世界の成長、不安定な金融市場からのリスクの高まりに直面して、中央銀行の超緩和的な金融政策からの脱却は時期尚早であると述べた.

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

足立氏は、金融政策で短期的な通貨の動きに対応することは、日銀の政策ガイダンスに対する不確実性を高め、経済にさらに悪影響を与えると述べた.

「日本を取り巻く世界的な金融・経済環境を考えると、下振れリスクが急速に高まっている」と足立氏は日本の中部、富山でビジネスリーダーに語った。

「下振れリスクは非常に高いが、金融引き締めには慎重であるべきだ」と述べ、外的な頭痛の種が増えれば日本がデフレに陥るリスクがあると警告した。

日銀の黒田東彦総裁は、金融政策は為替レートを直接的に狙ったものではなく、弱気な日本経済には依然として大規模な金融支援が必要であると述べた。

黒田氏は議会で、「為替市場の急激で一方的な動きは経済にとって望ましくない。 「したがって、過度に急激な円安に対処するために、政府が為替市場に介入することは適切である。」

日銀と政府の政策立案者のコメントは、弱気な経済を支えることを目的とした中央銀行の超低金利が、家計の生活費を押し上げる望ましくない円安を加速させているため、日本が直面しているジレンマを浮き彫りにしています。

水曜日のドルは、1990 年 8 月以来初めて 149.415 円まで上昇し、重要な心理的障壁である 150 に近づきました。

金融政策を管轄する政府は先月、市場が1998年以来初めて円にペッグした際、ドル売り円買い介入に2兆8000億円(190億ドル)を費やした。

岸田文夫首相は、日本銀行の超緩和政策を、景気を下支えするために必要な措置であると擁護した。

彼は、生活費の上昇による経済的打撃を和らげるために別の支出パッケージをまとめると約束しており、財政政策は回復への新たな下振れリスクに対処する上で重要な役割を果たしています。

一方、日銀はイールドカーブ コントロール (YCC) を維持するという新たな課題に直面しています。YCC の下では、10 年物国債の利回りを 0% に制限するために積極的に資金を投入しています。

10 年物日本国債 (JGB) は水曜日に一時的に 0.255% に達し、6 月以来初めて日銀のインプライドの 0.25% レンジを上回りました。

その他の満期の利回りである 5 年物国債の利回りは一時的に 0.105% まで上昇しました。これは、世界的な金利への圧力が高まる中、2015 年 7 月以来の最高値です。

(1ドル=149.4600円)

Reuters.com に無制限に無料でアクセスするには、今すぐサインアップしてください

木原ライカと小宮勘太郎によるレポート、チャンロン・キムと和田貴彦による追加レポート。 ジェリー・ドイルとジャクリーン・ウォンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本では外国人教師が差別されている、公立学校のガラスの天井