Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

明るい日本の経済指標を受けてポンド/円は185.50に向けて後退

明るい日本の経済指標を受けてポンド/円は185.50に向けて後退


関与した:

  • 好調な日本の小売統計を背景に、ポンド/円は185.60で取引されている。
  • イングランド銀行がタカ派の姿勢を支持しているため、英ポンドは上昇する可能性がある。
  • 日銀がハト派姿勢を維持するとの見方から、投資家は慎重になっている。

GBP/JPYペアは以前の上昇を取り戻しており、木曜日のアジア取引では現在185.60付近で安値で取引されている。 好調な日本の経済指標により、この通貨ペアは下落圧力に直面している。 とはいえ、7月の大規模小売売上高は前回の4.1%から6.0%に改善した。 同月の小売取引は(年率ベースで)市場予想の5.4%に対し6.8%に増加し、前回の5.6%から大きく上昇した。

しかし、ポンド/円ペアは、イングランド銀行副総裁のベン・ブロードベント氏のタカ派的なスタンスに支えられ、今週は強気の強さを享受した。 ブロードベント氏はジャクソンホールのシンポジウムで、賃金圧力による金利引き上げの必要性を強調した。

一方、日本銀行(日銀)は超緩和的な金融政策設定を維持すると予想されている。 この状況により、売り手はこのペアに積極的に賭けることができなくなる可能性があります。 さらに、日本銀行の上田和夫総裁は先週、日本のコアインフレ率は目標の2%をわずかに下回っていると述べた。 これは中銀が来年夏まで慎重な姿勢を維持する可能性を示唆している。

米国債利回りの低下が続き、米ドル(USD)の下落につながっている。 したがって、この傾向は日本円をサポートし、ポンド/円の圧力に寄与する可能性があります。 米10年債利回りは前場に4.08%の最低水準に達し、現在は4.11%で取引されている。

READ  アリゾナの鉱業は、保全と文化に対して掘削経済と電気自動車と戦う